目白の奥様的な?パート2!

で、今回持って行ったあるギターって言うのは、日比谷の野音で
デビューした”蛇V”なんだけど、まぁ、調整たって、ストラップ
・ピンの位置変更と、軽い調整だけですな。

普段プレイしているストラト・タイプなんかだと、ストラップ・
ピンの位置を変更するなんて事有り得ないんだけど、やっぱり、
フライングV系は、重さや大きさ等で、かなりバランスが変化す
るので、ストラッピ・ピンの位置は想像以上に重要なんだよねー
っ。

まぁ、昔は、自分で色々とリペア(修理等ね)なんかもしてたん
だけど、ここ数年は全くやらなくなったって言うか、全部プロに
任せる様になりましたな。

若い頃は、ピックアップの交換やケーブルなんかも自作してたん
だけど、やっぱり自分でハンダ付けしたケーブルなんかは信用出
来ませんな。だって、何のノウハウも無いのに作ってたし、良く
考えたら、そんなもん、よく現場で使ってたなーって感じ。

今は、ケーブルなんかも、オールパーツ・ジャパンの鹿野氏に全
部作ってもらってるので、超安心して使えるんだけど、やっぱり
プロの現場って思った以上にシビアなので、ケーブルやストラッ
プ・ピン一つでもプロに任せるのが一番ですな。

(安心感は、お金では買えないのだっ!)

で、いつも”HIWATT”(←真空管アンプね)で試奏するんだけど
、このアンプは、とっても解像度が高いので、試奏するのには最
適な感じ。

今回は、調整箇所が少ないので、すぐに退院して来たんだけど、
大阪のライブに間に合にあって、本当に良かったですな。

で、気が付けば日が暮れているでは無いか!

ちょっと飲みたい気分ですーっ。

img_0121.jpg

ストラップ・ピンの位置変更的な

img_0124.jpg

英国製的な

img_0127.jpg

サンプル的な

img_0135.jpg

お疲れさまでしたーっ!

Comments are closed.