レコーディングかも?パート2!

で、昼食後、録りが始まったんだけど、今回の曲は、歌ものをイン
ストにするとの事。初めて聴く曲なので、取り敢えず2回程聴かせ
てもらって、適当なアイデアを考えたんだけど、いつも最初に浮か
んだアイデアを採用するので、その辺の迷いはありませんな。よく
、最初に浮かんだアイデアをさらに良くする為に時間を掛けたりす
るけど、おれの場合、それは全く無し。迷わず、最初に浮かんだメ
ロを採用します。

で、あーだこーだ録ってる内に夜になっちゃってたので、御飯を食
べる事になった。今回の晩御飯は、スタジオ近くの手作りお弁当屋
さん。このお店は、お店の中でお惣菜を作って、店頭に陳列するス
タイルなんだけど、閉店間際に行くと、御飯が無くなってたり、お
かずが無くなってたりしますな。

お弁当を購入後、スタジオでムシャムシャ食べてたんだけど、ひと
時の休憩って感じで、この時間が結構重要だったりもします。御飯
を食べながら、エンジニアの内藤くんと色んな話するんだけど、さ
っき買ったお弁当屋さんのおばちゃんが内藤くんに色目を使って来
るらしい。『今度、デートでもして来たらー』って言ったんだけど
、行きつけのお弁当屋さんのおばちゃんとデートだなんて、有り得
るんですかね?多分、デートの会話は、

『ねぇねぇ、今度の内藤くんの為だけに唐揚げ作ったげるわねっ』
『えーっ、いいんですかーっ!』
『いいのよっ、内藤くんの為だけに、名古屋コーチンも仕入れてあ
 るんだから』
『えーっ、凄いー!』
『それにね、ハンバーグもね、タマネギたっぷりにしたげるわっ』
『うわぁ、タマネギ一杯!嬉しいなーっ!わーい、わーい』
『お米もね、内藤くん専用の炊飯器買ったからねっ』
『えーっ、おれ専用なんですかーっ』
『そうよ、いつも炊きたての秋田小町で待ってるからねっ』
『炊きたての秋田小町?考えただけでヨダレ出て来ましたよっ』
『あらあら、内藤くん子供なんだから、はい、ヨダレ拭いたげる』
『えーっ、恥ずかしいから、いいですよーっ』
『いいの、いいの、じっとしてっ』
『お弁当屋さんって、優しいんですね』
『お弁当屋さんだなんて、よそよそしい呼び方はヤメて、京子って
 呼んで』
『京子・・・・』
『内藤くん・・・』

多分、こんな感じの会話になると思うんだけど、内藤くん、頑張っ
てよねーっ!

で、無事に一曲目も終了したので、二曲目に取りかかったんだけど
、気が付けば、もう夜中・・・・。

あれーっ?まだ10時くらいだと思ってたのになー。

ホント、スタジオの中に居ると、時間の感覚無くなりますな。

あれ?今、読み返したら、ほとんどレコーディングと関係無いやん。

10028567.jpg

ほとんど見た事無いです

10028568.jpg

今回は、こんな感じかも?

10028569.jpg

行きつけのお弁当屋さん

10028570.jpg

閉店間際なのに、沢山ありますなー

10028571.jpg

左から、お弁当屋のおばちゃんに口説かれている内藤くん、おれ、
おかーき君

Comments are closed.