毒演会的な?パート2!

この日、持ってった機材はと言うと、いつものMesa Boogie Mark
V、G-SYSTEMとギターが3本。

持ってったギターはと言うと、

・Fernandes ”グリム”
・Fernandes ”グリ子”
・Combat ”タモン”

の3本。

比較的、新しいモデルばかりなんだけど、自分は、古いギターも
、新しいギターも大好き。

よく、古いギターは良いとか、古いギターは、良く鳴るみたいな
事を聞くけど、自分の経験だけで言うと、そんな事感じた事は一
度も無いのです。

鳴るギターは、最初から鳴るし、鳴らないギターは、何やっても
鳴らない。

各々、色んな感じ方や考え方があると思うけど、自分が弾いてき
たギターだけに関して言うと、ギターの音って、そんなに変化し
ない様な気がする。

仮に、物凄く変化してたとしても、楽器の変化なんかより、自分
自身の変化の方が大きい様な気がするので、気持ちに余裕のある
時、無い時で、全然、感じ方も違うと思うんだよね。

でも、人それぞれ感じ方や考え方が違うからこそ面白いのかもね

この3本は、ピックアップなんかも、それぞれ異なるんだけど、
音質の違い等で弾き分けてるのではなく、その時、その時、弾き
たいモデルを弾く感じ。

自分のモデルは、どれも弾き易いんだけど、ここ数年で、やっと
自分の好みが判ってきた様な気がするなー。

でも、最近、アンプの調子も完全とは言い難いので、一段落して
時間が出来たら、真空管を新しくするつもり。

こう言うのって、時間がある時じゃ無いと、中々、検証出来無い
んだけど、真空管の交換で調子良くなるといいんだけどね。

あと、とあるペダルのスイッチも、多分、接触不良を起こしてる
と思われるので、交換しなきゃなんだけど、何年に一度かは、こ
う言う事が起きるんだよねー。

何とかリハーサルも終了したんだけど、さて、本番は、如何に!

わんっ

dsc07989.jpg

Mesa的

dsc07991.jpg

G-SYSTEM的

dsc07987.jpg

左から、”グリム”、”タモン”、”グリ子”

twitter_logo_header.png</p

Comments are closed.