ドラム録り的な?

この日も、朝からスタジオに向かったんだけど、スタジオへ行く前
に、八王子にあるCOMBATへ。

COMBATは、以前から何度かお邪魔してるんだけど、今回は、ピッ
クアップ交換をお願いしていたので、それを引き取りに。

今回、ピックアップの交換をお願いしていたギターは、COMBATで
作って頂いた物なんだけど、以前、SUSTAINIACを試しに行った時
の印象がとても良かったので、今回、作って頂く事になった。

あと、Bare Knuckleも試してみたかったので、

・SUSTAINIAC
・Bare Knuckle

を搭載してるんだけど、フィンガーボードのトップとサイドのLED
が点灯する様になっている。

しかも、スイッチで、光度を切り替えられる様になってるんだけど
、今回は、初のセットネック。

ネックとボディーは、どのジョイント方法も、どれが良い悪いなん
てもんは無いと思うんだけど、どれも、考え方によっては、一長一
短あるかも。

自分も、他を色々と試した事無いにも関わらず、勝手にボルトオン
って決めてたとこもあるんだけど、何でも試してみるもんだと思っ
た。

良いとか悪いとかでは無く、やっぱり、色々試すと、

”なるほどー”

って思う事が多いし。

例えば、何か試して結果が良く無かったとしても、それはそれで全
然いいんだよね。

あと、このモデル、最大の特徴は、トレモロユニット。

自分のモデルは、全モデルに、Wilkinsonのトレモロユニットを
搭載してるんだけど、今まで、どうしても、1弦の鳴りだけが
気になってたので、他のユニットを試してみたかったのです。

で、今回、搭載したトレモロユニットはと言うと、以前から、一度
、試してみたかった、

”SynchroniZR”。

自分で、SynchroniZRを搭載したIbanezのモデルも買ったりなんか
して、色々、試したりもしてたし、今回のモデルも、その購入した
、Ibanezのモデルから取り外して使おうと思ってたんだけど、星野
楽器に相談したみた所、今回のモデルに搭載出来る事に!

(パチパチパチパチーっ)

何故、相談したかと言うと、SynchroniZRは、パーツとしては販売
してないので、基本的には、SynchroniZRを搭載したモデルを購入
してから、取り外すしか無いんだけど、星野楽器の協力によって、
今回のモデルに搭載する事が可能となったのです。

その際、イケベ楽器経由で協力をお願いしたんだけど、イケベ楽器
の大石くん、星野楽器の堺くん、色々とありがとうねーっ!

まだ、引き取ったばかりなので、また色んな現場で試してみて報告
しまーす。

ギターを引き取ってからは、そのままスタジオへと向かったんだけ
ど、本田社長、いつも、色々とありがとうございまーす。
さて、この日のレコーディングは、如何に!

わんっ

dsc07682.jpg

向かう的

img_4117.jpg

ARMS FACTORYに、到着っ

dsc07720.jpg

ピックアップの交換、終了!

twitter_logo_header.png</p

Comments are closed.