焼き加減的な?

自分は、どちらかと言うと、マニアックな方だと思う。

いや、マニアックだ。

マニアックとひと言で言っても、各々、感じ方や目線が異なるので
、マニアックさにも色々あると思う。

今回のテーマは、焼き加減。

焼き加減と言っても、魚とかお肉では無く、パンの焼き加減。

例えば、オーブンなんかで焼く時も、パンの底面が狭く、背の高い
パンは、めちゃ焼くのが難しいし、常に焼き加減に目を配らないと
、ホント、あっという間に焦げちゃう。

逆に、底面が広く、背の低い食パン等は、比較的均等に焼けるんだ
けど、何枚切りかでも全然違う。

自分は、4枚切りくらいが好みなんだけど、薄いと全体的にサクッ
とするし、厚切りだと、外はカリッとしてても、中はフワッとして
いる。

焼き加減なんてもんは、完全に好みの問題なので、単に好き嫌いで
良いと思うんだけど、ここ最近は、お肉の焼き加減も、昔とか変化
してきてるらしい。

例えば、ステーキなんかも、以前は、強火で表面をカリッと焼くっ
て言うのが定番だったと思うんだけど、今は、低温で、ゆっくり焼
くみたいなのも流行ってるみたい。

でも、自分は、強火でカリッといきたいもんですなー。

だって、早く食べたいもんね。

ランチパックも大好きで、よく買うんだけど、このランチパックの
焼き加減も、めちゃ難しい。

弱火で長い時間焼くと、めちゃパサパサになるし、強火過ぎると、
表面があっという間に焦げちゃって、中は、あんまり熱く無いみた
いな事になっちゃう。

ホント、適度な温度を見極めるのって、難しいー。

何だか、お腹減ってきたー。

わんっ

dsc05842.jpg

完璧っ

dsc05847.jpg

ちょっと焼きすぎだけど、許容範囲内的っ

twitter_logo_header.png</p

Comments are closed.