徹底比較!!!

今日は、きのうなんかより、ちょっと暖かくて嬉しいな。ここ2〜3
日が強烈に寒かったから、ちょっと風が無いだけでも、凄く暖かく
感じるな。で、今日は、デモのレコーディング中に面白い実験をし
てみたから、ちょっと報告。いつも、物凄い数の機材を使って、レ
コーディングなんかをやってる訳だけど、今日は、一番身近なのに
、結構軽視されがちなシールド(ケーブル)の音質チェックをして
みたぞ。用意したシールドは、計5種類。

エントリーNo1.モ○スター・ケーブル
エントリーNo2.ジョー○・エルス
エントリーNo3.カ○レ
エントリーNo4.ディマ○オ
エントリーNo5.ノー・ブランド

いつも使用しているベルデンのシールドは、先入観があるといけな
いので、わざとエントリーしなかった。
でも、こう言う比較って言うのは、ピッキングの強弱なんかで音質
が変わっちゃうから、結構難しいですなー。で、ピッキングの強弱
に気を付けながら、この5種類を色々と試してみたんだけど、やっ
ぱりこう言う比較はやるもんですな。想像してた程極端な差は無か
ったんだけど、値段と音質は全く比例しないと言う結果になりまし
たな。どれも極端に良い悪いは感じなかったし、その違いも人それ
ぞれ好みがあるので、あえて順位は付けないけど、中々面白いので
、みんなも是非トライして欲しいなー。でも、一つだけ言えるのは
、高級な物程、プレイするのが難しくなる傾向が強いって事なんだ
よね。もちろん、これは主観なんだけど、高級ギター、高級アンプ
、高級エフェクト、その他値段の高い物は、”曖昧さ”が少ない物
が多いので、巧さも出るけど、ミスも出るみたいな感じ。特に、最
近流行のハンド・ワイヤリングのアンプなんかは、その典型で、相
当プレイヤーに技術(テクニック)が無いと、とても弾きこなせな
いし、とても疲れる事が多いなー。でも、自分は、このハンド・ワ
イヤリング・アンプが大好きだし、挑戦し甲斐があるんだよね。レ
コーディングなんかでも使ってるコーンフォードのアンプも、この
ハンド・ワイヤリング系なんだけど、良い音と言うか、絶対に良い
音を出してやるって気持ちになるから、好みのサウンドになった時
なんかは、一緒に寝たくなっちゃうんだよねー。そのくらい可愛い
んだけど、あれっ?タイトルと全然違う事書いてる?
んーっ、許せっ!

あっ、今日は、何だか真面目な事書いてる・・。
たまには、いいよねーっ!

10007088.jpg
いつも使ってるソフトですー

10007089.jpg
波形で見ても音質は判りませんな

Comments are closed.