”グリ子”的な?

先日、Fernandesから、新しいギターが届いたので、ギターの話で
も。

実は、この新しいギター、新しく完成した自分のモデルでは無く、
実験的に作って頂いたギター。

普段から愛用している、”グリム”も同じ感じで作って頂いたギター
なんだけど、この新しいギターは、”グリム”のアッセンブリー違い
のモデル。

それ以外は、ほとんど同じ仕様なんだけど、この新しいモデルを含
めた2本の何が実験的かと言うと、2本共、チェンバード・ボディー

シンプルに言うと、ボデイーの内部を削って?(掘って?)あって
、ホローボディーになってるんだよね。

但し、よくあるFホールは空いて無いので、外見からは判んないん
だけどね。

何故、このギターを実験的に作ったかって言うと、巷では、重いギ
ターの方が分厚いサウンドとか、低域がタイトだとかって言われる
事が多いんだけど、タイトな低域や分厚いサウンドを出したいなん
て、あんまり思ってない自分は、その逆のパターンの物を作ったら
、より好みのギターが出来るんじゃ無いかって思ったのが、きっか
け。

本当だったら、楽器屋さんの店頭で試せれば良かったんだけど、F
ホールの空いていないチェンバードボディーのギターなんて、店頭
には、ほとんど無いので、作って頂く事になったんだよね。

なので、この2本は、本当に軽いんだけど、まずはバランスが最高
に良いので、物凄く弾き心地が良いと言う事。

ネックも、以前、自分が実際に使用していたネックなので、当然、
何の問題も無し。

しかも、驚くのが、この2本、弾き心地が、ほぼ同じなのであーる

通常、同じモデルだとしても、比較的、個体差なんかもあるし、全
く同じ弾き心地なんて事は少ないんだけど、まぁ、偶然なのか、そ
う言う風に作ったのか、持ち替えた時に、全く違和感が無いんだよ
ね。

この”グリ子”、これから、色んな現場で試そうと思ってるので、見
かける事も多くなると思うんだけど、安藤くん、いつも、ありがと
ねーっ!

わんっ

dsc03550.jpg

”グリ子”的

dsc03545.jpg

”グリ子”&”グリム”的

twitter_logo_header.png</p

Comments are closed.