カスタムギター的な?

今、新しいギターの仕様を考えてるとこ。

自分にとっては、本体の重量も、かなり重要なんだけど、この軽い
とか重いとかって言うのは、ホント、好みや考え方の分かれるとこ
だよね。

やってる音楽やプレイ・スタイルが、人それぞれなので、当たり前
の事なんだけど、ギターをオーダーする際も、得に気を付けてもら
うのが、木材自体の重量。

あと、塗装の種類なんかでも、結構、ニュアンスが変化するので、
どの塗料をチョイスするかも、中々、難しい。

まず、物凄く難しいのは、弾く立場の人間と、作る立場の人間では
、全く考え方が異なるので、迷いは禁物だと言う事。

やっぱり、人の意見と言うのも、物凄く気になるし、どうしても、
良いと思う意見は、取り入れたくなっちゃうんだけど、自分の経験
で言うと、迷うとロクな事無いね。

こう言う音を求めてる時は、こう言う材で、こう言う塗装の方がい
いと思うとかって言うのも、良く理解出来るんだけど、結局は、自
分で書いた曲を自分で演奏する訳なんで、何を求めてるかって、他
人には、中々、伝わりにくいもんね。

やっぱり、どれだけアドバイスをもらったとしても、良くも悪くも
、自分の思う質感のギターがいいんだよね。

例え、それが自分の追い求めてる方向のサウンドじゃ無いとしても
、やっぱり、見た目の質感が一番重要だったりするもんね。

まず、どれだけ良い音だとしても、重いギターで、気に入った試し
が無いので、重いギターは、ついつい敬遠しちゃうんだけど、タイ
トで、がっしりしたサウンドって言うのも、めちゃ判る。

ギターを作る側の人って、まぁ、軽いギターって勧めては来ないし
、塗装も、ポリ塗装を勧めてくる事が多いんだけど、やっぱり、判
ってはいても、ラッカー塗装が好みなんだよねー。

こればっかりは、いいとか悪いでは無くて、単純に好みなんで、仕
方ないんだけど、次のモデルは、ネックに、今まで使った事の無い
材を試すつもり。

迷ってる時が、一番楽しいぜーっ。

わんっ

dsc05051.jpg

めちゃ可愛い的

twitter_logo_header.png</p

Comments are closed.