真空管的な?

先日、真空管を交換したんだけど、今回は、プリ・チューヴを交換
する事に。

パワー管の方は、割と定期的に交換してるんだけど、このアンプに
関しては、プリ管の交換は初めて。

パワー管は、手前に配置されているので、比較的、交換の方も楽チ
ンなんだけど、プリ管は、パワー管の奥にあるので、パワー管を抜
いてからの作業。

しかも、リバーブ・ユニットが出っ張っているお陰で、更に、面倒

なので、普段、全く使う事の無いリバーブ・ユニットを取り払う事
に。

このユニットを取り払う事で、ガバッと穴が空くので、空調的にも
良くなる可能性大。

でも、電源トランスの奥に配置してある管もあったりなんかして、
ちょー大切なプリ管を1本破損してしまった!

(まじ泣きそー)

Marshallほどでは無くても、もうちょっと、プリ管にアクセスし易
いと嬉しいんだけどねー。

Marshallの場合、真空管の交換は、プリ、パワー共に交換し易くな
ってるんだけど、これは、筐体のデカさなんかも関係してるので、
まぁ、仕方ないのかもね。

で、1本、破損しちゃったって事もあって、1本だけ買いに行ったん
だけど、どうせならって事で、1本だけ、違うブランドのプリ管を
導入する事に。

他は、全て純正管なんだけど、今回、GROOVE TUBESのプリ管を
ゲットする事に。

いつも、お世話になっている、イケベ楽器ロックハウスに向かった
んだけど、このお店、スタッフは、みんな優秀だし、とても信頼し
てます。

で、GROOVE TUBESのちょこっとゲインの高いのをゲットしたの
で、その管をリード・チャンネル初段に入れたんだけど、めちゃ音
が変化してビックリ!

元々、Mesa Boogie Markシリーズって、他のハイゲイン・アンプに
比べて、そんなに歪むタイプでは無いんだけど、ちょっとゲインが
増して歪む様になったもんね。

でも、その代わり、ちょっと甘いサウンドになったって言うか、ち
ょっとパリッと感は減ったかも。

今回、プリ管を交換して色んな事が判ったんだけど、やっぱり、歪
ませると、音は、甘い方向に向かうし、歪みを少なくすると、パリ
ッとしてくる。

これは、絶対的では無いし、あくまでも傾向なんだけど、エフェク
ターや電圧なんかと同じだよね。

電圧も下がると歪んでくるし、音も甘い方向に向かう。

その逆も同じ。

今回、リード・チャンネルのプリ管を交換する事によって、プレゼ
ンスとトレブルの効き方が物凄く変わったし、使う真空管の特性さ
え理解していれば、色んな物を使うのもありだなと思った。

ただ、自分が求めているのは、こう言う細かい事では無いので、追
い求める様な事はしないけど、とても面白い世界ではあるよね。

今回、生まれて初めて、プリ管も割っちゃったりなんかしたんだけ
ど、そのお陰で、いつもと違うプリ管を試す事になって、色んな変
化を体感出来て、ある意味、物凄く貴重な機会に恵まれたと思って
るんだよね。

やっぱり、機材って、一つの要素だけじゃ無いし、楽器って、本当
に面白い。

良かったり、そうで無かったり、色んな事が起きて楽しい。

また、色んなもん試そっと。

わんっ

dsc07018.jpg

嬉しい的

dsc07535.jpg

パワー管を抜かなきゃ的

dsc07031.jpg

美しい的

dsc07239.jpg

割る的(←涙←泣←涙←泣←涙←泣) 

dsc07528.jpg

なので、リバーブ・ユニット取り払う的

img_8951.jpg

割った分的補充的

dsc07541.jpg

全プリ管、交換完了的!

twitter_logo_header.png</p

Comments are closed.