3 tea 3 的な?パート2!

この日、持ってったペダルはと言うと、

・EVENTIDE H9 MAX

・t.c.electronic FLASHBACK MINI

・MAD PROFESSOR Electric Blue Chorus

・ADA APP-1

・NINEVOLT PEDALS SURFING BEAR OVERDRIVE

・t.c.electronic SPARK

・One Control Gecko MK2

・SHIGEMORI RUBY STONE PREMIUM

・KLON KTR

・T-REX QUINT

の計10種類とSHUREのワイヤレス・ユニット、GLXD16。

いつも、セッション用に使っている簡易ボードなんだけど、会場に
よっては、ちょっと電源ノイズらしきノイズが発生する時もあるの
で、ちょっとDCケーブルとパッチ・ケーブルは、新調する予定。

で、アンプは、お店のFenderで、ギターは、”グリム”。

このギター、新しいモデルでは無いんだけど、ちょっと実験的に制
作してもらったモデル。

信じられないくらい軽いんだけど、弾き心地が最高なんだよねー。

でも、一般的には、重いギターは、低域がタイトで豊かで、軽いギ
ターは、低域が少なくて、音も軽いみたいに言われがちなんだけど
、このギターが届いてから、かなりのステージで試してみて、自分
なりのデータの蓄積が出来て、本当に良かった。

(そのデータは、秘密ね)

でも、やっぱり、イメージって怖いって言うか、思い込みって、本
当に怖い。

やっぱり、実際に作って、手に取って試しないと判んない事も多い
ね。

まだまだ、新しいモデルへのアイデアは尽きないので、もう1本、
サンプルを作って頂こうと思ってるとこ。

で、無事にリハーサルも終了したんだけど、さて、本番は、如何に

わんっ

dsc04152.jpg

Fender的な

dsc04148.jpg

簡易ボード的な

dsc02967.jpg

”グリム”的な

twitter_logo_header.png</p

Comments are closed.