Xotic Wah 的な?

先日、PCIの方から、Xotic Wahを送って頂いたので、その時の話で
も。

PCI(代理店ね)には、いつもお世話になってるんだけど、今回、
送って頂いた、Xotic Wahは、アナウンスされた時から、めちゃ楽
しみにしていた。

で、実際に送られて来た箱を開けて驚いたのは、他のブランドの物
とは全く違う質感。

まず、他社製品のWahは、そのほとんどが黒色の筐体なんだけど、
このXotic Wahは、他のブランドには、ほとんど存在しないホワイ
トカラーを採用。

しかも、筐体も少し小さく、重量も軽い。

Wahって、ほとんどが外国製で、筐体も頑丈に作られている物が多
いんだけど、その重さ故、セッション等に持って行った事は、まだ
一度も無い。

Wahって、使いたいのは、1~2曲なんで、中々、持って行きにく
代物でもあるんだけど、この軽さに好感を抱きつつ、早速、音を出
してみる事にした。

自分の求めているWah Soundは、ビンテージのクローン・サウンド
でも何でもなく、いつも、頭に描いているのは一つだけなんだけど、
そのサウンドを一言で言うのは、物凄く難しい。

簡単に言うと、少しだけWahのニュアンスが欲しいって事なんだけ
ど、この、”少しだけ”ってニュアンスが、とっても難しかったりす
るんだよねー。

(要は、普通のは、がっつりかかっちゃうって事ね)

(何気なくかけたいのよねー)

Wahは、いつも期待を込めつつ、気になる物を購入してるんで、結
構な数を所有してるんだけど、これだっ!と言う物に巡り会った事
は、まだ無い。

どのWahも、周波数帯域を変更は出来るんだけど、かかり具合まで
調整出来る物は、ほとんど無い。

しかーし、このXotic Wahは、周波数帯域の変更だけでは無く、か
かり具合まで調整出来るのであーる。

この、かかり具合って表現は、個人的な表現で、オフィシャルな呼
び方では無いんだけど、このXotic Wahは、派手にかける事も、地
味?にかける事も出来る。

なので、自分が理想とする、ちょっとだけWah効果が欲しいってサ
ウンドが、簡単では無いが、調整次第で出せる。

サウンド自体が好みなWahは何台かあるんだけど、どうしても思っ
てる様なかかり具合の物は少ないので、これは本当に良い出会いか
も知れない。

あと、EQも付いてるので、より好みのサウンドに仕上げる事が出来
るんだけど、久しぶりに足下に置きたいWahに出会ったなー。

(阿部さん、黒川さん、いつも、ありがとうございまーす!)

わんっ

dsc05317.jpg

さて?

dsc05319.jpg

おーっ!

dsc05324.jpg

めちゃ、使い易い!(←しかも、軽くて小さい!)

twitter_logo_header.png</p

Comments are closed.