目白の恐怖!的な?

先日、目白にあるフェルナンデスに行って来た時の話でも。

フェルナンデスには、たまに打ち合わせなんかで行くんだけど、こ
の日は、自分のモデルの調整と新しい簡易エフェクト・ボード用パ
ッチ・ケーブルの製作をお願いして来た。

基本的に、セッション等に持って行く簡易エフェクト・ボードのパ
ッチ・ケーブルと電源ケーブルは、全てALLPARTS JAPANの鹿野
氏が作ってくれてるんだけど、今回も、彼にお願いする事にした。

彼の作るケーブルは、今まで一度もトラブった事が無いので、めち
ゃ信頼してるんだけど、やっぱり、トラブルが無いって事が一番重
要。

もちろん、世の中には、星の数程ケーブルがあるし、ケーブル自体
の音質うんぬんはあれど、トラブらないって事が最優先。

で、今回も、Belden製のケーブルでお願いしたんだけど、完成す
るのが、めちゃ楽しみー。

(鹿野くん、いつも、ありがとねーっ!)

あと、最近、納品されたばかりのNew Model、”マリン”ちゃんの調
整もお願いして来たんだけど、ピックガードも元に戻してもらう事
に。

それから、FLYING V用のケースが置いてあったので、聞いてみる
と、新しいVが完成したとの事。

この新しいV、実は、もう1年以上前にオーダーしてたもんなんだ
けど、やっと日の目を見る事になった。

基本的に、”ヘビ子”のスペア的な扱いでオーダーした物なんだけど
、いやーっ、めちゃカッコいい!

今回は、ヘビ革では無く、3トーン・サンバーストにして頂いた
んだけど、所謂一般的な3トーン・サンバーストでは無く、ネック
・ジョイント部分から、徐々に色が薄くなるグラデーション仕様に
してもらったのだ。

中々、こう言う雰囲気のVって中々無いと思うんだけど、今回は、
シースルー塗装って事で、トップ材もトラ目を貼ってもらう事に。

もちろん、フィンガーボードは、LED仕様になってるんだけど、
今回も、”ヘビ子”同様の青色LED。

パッチ・ケーブルの製作依頼&”マリン”ちゃんの調整依頼も終了し
、新しいVも受け取ったので、そのまま夜の打ち合わせに突入した
んだけど、この日のお店は、何度か来た事のあるお店。

この日は、高坂氏、安藤氏、村田氏、おれの4人だったんだけど、
いやーっ、この日も色んな話が聞けて楽しかったなー。

いつも、音楽業界、楽器業界の話がメインなんだけど、話せない内
容も、ちとありますよ。

でも、やっぱり、その筋のプロの話を聞くのって、本当に説得力が
あるし、中々、日常では聞けない話も多いので、こう言う時間って
、とっても大切だったりもするのですよね。

Fernandesには、普段から、カッコいいギターを作ってもらってる
し、自分も、彼らを唸らせる様な音を出して、彼らに喜んでもらえ
る様、頑張らなきゃって思ってます。

高坂くん、安藤くん、村田くん、お疲れ様でしたーっ!

高坂くん、いつも、本当にありがとねっ。

わんっ

dsc02639.jpg

目白に到着!

dsc02652.jpg

切手の博物館、いつか行ってみたい!

dsc03173.jpg

おーっ!ついに完成!的な

dsc02670.jpg

ふむふむ・・・・

dsc03178.jpg

お疲れ様でしたーっ!

dsc03183.jpg

更に、お疲れ様ーっ!

twitter_logo_header.png</p

Comments are closed.