DEAD 的レコーディング的な?パート2!

で、Dr、B等のリズム・トラックを録り終えると、G、Vo等のオー
バーダブが始まるんだけど、いつも、使う使わないに関わらず、大
量の機材を持ってく事が多い。

まぁ、アンプの場合は、方向性が決まっているので、Mesa Boogie
しか持って行かないんだけど、次のアルバムのレコーディングの際
は、FRACTAL AUDIO SYSTEMSのAxe-Fe 2も導入したいなーな
んて思ってる今日この頃。

今、一番興味あるが、FRACTAL AUDIO SYSTEMSのAxe-Fe 2な
んだけど、新しいタイプのは、まだ発売されて無いみたい。

Mesa Boogie Mark 5と組み合わせたら、めちゃ強力だと思うんだ
けど、10月のツアーには間に合うといいんだけどなーっ。

で、いつも、大量の機材を持ってくんだけど、それって、念の為っ
てやつなので、実際に使うのは、ほんの一部って感じ。

今回使ったアンプは、Mesa Boogie Mark 5だったんだけど、前回
のアルバム、”METAMORPHOSIS”の時は、Mesa Boogie Mark 4で
あった。

まぁ、同じMarkシリーズなので、トーンの方向性は似てるんだけ
ど、今は、Mark 5のトーンが気に入ってるので、今回は、Mark 5
に決まり!

基本的にダイレクトなサウンドを録りたいので、エフェクトなんか
も、ドライブ以外は余り使わないんだけど、ドライブは、いつも、
曲の雰囲気や気分で使い分けてる感じ。

今回から、キャビもMesa Boogieにしたんだけど、中々いい感じ。

久しぶりに12弦ギターも引っ張りだして来たんだけど、やっぱり、
特徴的なサウンドは、アレンジの中で生きるね。

で、いつも同じスタジオで録れるとは限んないし、スタジオを何カ
所も使うなんて当たり前の事なんだけど、スタジオによって全然音
が違うので、ちょっと困ったちゃんになる事も。

まぁ、そんな事関係無いくらいのプレイしてなきゃなんだけどねー
っ。

わんっ

2011_0822ab.jpg

朝食的な

2011_0819ad.jpg

雑然的な

2011_0819ab.jpg

Mark 4&Mark 5的な!

2011_0819ag.jpg

流動的な

2011_0823ab.jpg

今回から、キャビもMesa的な

2011_0823ag.jpg

無事に終了的な!

twitter_logo_header.png</p

Comments are closed.