Archive for 5月 13th, 2020

美食道?的な?

水曜日, 5月 13th, 2020

最近、曲を書く時以外、ギターを弾く時以外、めちゃ時間があるの
で、ブロッコリーの茹で時間に関しての検証をしてみた。

(きっと、誰も興味無い)

みんなが興味無い事にチカラを入れまくるのが、美食道と言うもの
なのです。

自分の場合、どんな物でも、割と硬い食感の物が好みなんだけど、
例えばバナナなんかも、まだ、ちょびっと緑なのが好きだし、柿や
桃なんかも、割と硬いのが好みなんだけど、もちろんブロッコリー
やカリフラワーなんかも、硬めの茹で加減が好きなのです。

カリフラワーに関しては、生の食感が一番好きなんだけど、今回、
ブロッコリーの茹で時間に拘ったのは、いつも茹でてる30秒は、本
当に正しいのかって事なのです。

いつも、何も考えずに30秒くらい茹でるんだけど、30秒程だと、割
と硬めの仕上がりになりますよね?

皆さんが、どんくらい茹でるのかは判んないんだけど、そりゃ、

”わたしは、柔らかいのが好きだわー”

とか?

”おれは、茹でねーで、そのまま食べるっ!”

とか?

色んな好みがあると思うんだけど、今回のテーマは、60秒湯がくと
どうなるのか?って事。

30秒と60秒じゃ、あんまり変わんないんじゃ無い?と思う方の方が
多いと思うんだけど、結局は、そんなに変わんなかったです。

結局、そんくらいの差だと、あんまり変わんないのかも知れないけ
ど、茹で時間より、その後のザルの中での蒸らし状態?の方が影響
あるかも。

まぁ、これも、柔らかかろうが硬かろうが、結局は好みの問題なん
だけど、30秒茹でた状態で、すぐに食べると(熱々ね)、思ってる
より硬いにも関わらず、ザルの中で冷めるのを待ってる間に丁度い
い感じになってるので、やっぱり、茹で時間より、ザルの中での時
間の方が関係あるかも。

ホント、どーでもいい事ばっかり書いてるでしょ?

そう言う、どーでもいい事にチカラを注ぐ・・・。

これこそ、美食道と言えるのでは無いでしょうか。

あーっ、久しぶりに生のカリフラワー食べたいなー。

次は、ゆで玉子で検証してみよかな。

(好きにしろっ)

わんっ

dsc02706.jpg

60秒の感じ、伝わってます?

twitter_logo_header.png</p