Archive for 1月 12th, 2019

ドラム録り的な?パート2!

土曜日, 1月 12th, 2019

八王子を後にしてからは、そのままスタジオへと向かったんだけど
、この日のレコーディングはと言うと、JESUSの特典用音源のドラ
ム録り。

今回、新しいソロアルバムと同時発売予定のJESUSのCD。

このJESUSと言うバンドは、自分が、二十歳の頃に在籍していた
バンドなんだけど、1曲だけ、完全にお蔵入りした曲があって、今
回、その曲を復活させようと言う事になった。

その1曲は、JESUS在籍中に書いた曲なんだけど、JESUSで発表す
る前に、JESUSを脱退して、TERRA ROSAに加入した為、日の目
を見る機会を失っていた楽曲。

まぁ、お蔵入りと言うか、そもそも演奏する機会も無かった訳なん
だけど、当時、カセットデッキで録ったメロディーにアレンジを加
え、何とか日の目を見る事が出来て、本当に良かった。

当初は、そのまま打ち込みの状態でのリリースも検討してみたんだ
けど、個人的には、JESUSのベーシストであるLEOさんに、どうし
てもプレイして欲しかったのです。

自分一人で作っちゃうと、どうしてもソロとの差別化が難しいし、
LEOさんが弾いてくれるとJESUS度もアップするのですー。

LEOさんに連絡して、ベースを録ったのはいいけど、そしたら、や
っぱりドラムも本物でって事になり、今回、下田さんにお願いする
事になった。

下田さんとは、以前から、何度も演奏してる仲なので、今回、彼の
ドラムが合うんじゃ無いかと思ってお願いしたんだけど、やっぱり
、めちゃ良かった。

今回は、1曲のみだったので、あっという間に終了しちゃったんだ
けど、ドラムやベースの録りを見てるのが一番好きかも。

ギターの音色とフレーズは、完全に頭ん中で鳴ってるので、レコー
ディング前から完成形は見えてるんだけど、ドラム、ベースをレコ
ーディングしていく内に、自分のデモに人間の魂が注がれていく感
じがして、本当に楽しめる。

今回も、正にそう言う感じだったんだけど、ドラム録りが終わると
、恒例のヨーグルトタイム。

自分は、普段からヨーグルトが大好きで、良く買うんだけど、今回
のレコーディングも、毎日、メンバーとエンジニアの分を買ってっ
て、休憩の時に食べまくっておりまーす。

この日の、ドラム録りが終わった後は、ギターの残りを録ってたん
だけど、後は、ミックスとマスタリングのみ。

(撮影等は、残ってるけど)

さて、残りの作業は、如何に!

わんっ

dsc07666.jpg

スタジオに向かう的

dsc07694.jpg

ドラム録りっ

dsc07705.jpg

3時のおやつ

img_4118.jpg

5時のおやつ

dsc07751.jpg

帰る的

twitter_logo_header.png</p

ドラム録り的な?

土曜日, 1月 12th, 2019

この日も、朝からスタジオに向かったんだけど、スタジオへ行く前
に、八王子にあるCOMBATへ。

COMBATは、以前から何度かお邪魔してるんだけど、今回は、ピッ
クアップ交換をお願いしていたので、それを引き取りに。

今回、ピックアップの交換をお願いしていたギターは、COMBATで
作って頂いた物なんだけど、以前、SUSTAINIACを試しに行った時
の印象がとても良かったので、今回、作って頂く事になった。

あと、Bare Knuckleも試してみたかったので、

・SUSTAINIAC
・Bare Knuckle

を搭載してるんだけど、フィンガーボードのトップとサイドのLED
が点灯する様になっている。

しかも、スイッチで、光度を切り替えられる様になってるんだけど
、今回は、初のセットネック。

ネックとボディーは、どのジョイント方法も、どれが良い悪いなん
てもんは無いと思うんだけど、どれも、考え方によっては、一長一
短あるかも。

自分も、他を色々と試した事無いにも関わらず、勝手にボルトオン
って決めてたとこもあるんだけど、何でも試してみるもんだと思っ
た。

良いとか悪いとかでは無く、やっぱり、色々試すと、

”なるほどー”

って思う事が多いし。

例えば、何か試して結果が良く無かったとしても、それはそれで全
然いいんだよね。

あと、このモデル、最大の特徴は、トレモロユニット。

自分のモデルは、全モデルに、Wilkinsonのトレモロユニットを
搭載してるんだけど、今まで、どうしても、1弦の鳴りだけが
気になってたので、他のユニットを試してみたかったのです。

で、今回、搭載したトレモロユニットはと言うと、以前から、一度
、試してみたかった、

”SynchroniZR”。

自分で、SynchroniZRを搭載したIbanezのモデルも買ったりなんか
して、色々、試したりもしてたし、今回のモデルも、その購入した
、Ibanezのモデルから取り外して使おうと思ってたんだけど、星野
楽器に相談したみた所、今回のモデルに搭載出来る事に!

(パチパチパチパチーっ)

何故、相談したかと言うと、SynchroniZRは、パーツとしては販売
してないので、基本的には、SynchroniZRを搭載したモデルを購入
してから、取り外すしか無いんだけど、星野楽器の協力によって、
今回のモデルに搭載する事が可能となったのです。

その際、イケベ楽器経由で協力をお願いしたんだけど、イケベ楽器
の大石くん、星野楽器の堺くん、色々とありがとうねーっ!

まだ、引き取ったばかりなので、また色んな現場で試してみて報告
しまーす。

ギターを引き取ってからは、そのままスタジオへと向かったんだけ
ど、本田社長、いつも、色々とありがとうございまーす。
さて、この日のレコーディングは、如何に!

わんっ

dsc07682.jpg

向かう的

img_4117.jpg

ARMS FACTORYに、到着っ

dsc07720.jpg

ピックアップの交換、終了!

twitter_logo_header.png</p