Archive for 10月 18th, 2016

3 tea 3的な?パート2!

火曜日, 10月 18th, 2016

で、この日、持ってったペダルはと言うと、

・EVENTIDE H9 MAX

・t.c.electronic FLASHBACK MINI

・MAD PROFESSOR Electric Blue Chorus

・ADA APP-1

・Mr.BLACK GILAMONDO

・t.c.electronic SPARK

・One Control Gecko MK2

・KLON KTR

・One Control Anodized Brown Distortion

・SHIGEMORI RUBY STONE PREMIUM

・T-REX QUINT

の計11種類とSHUREのワイヤレス・ユニット、GLXD16。

んーっ、一時期、簡易ボードも、簡易なんだから小さくしようと
思って、少し小型にしたんだけど、やっぱり、元のサイズに戻し
ちゃったもんねー。

でも、エフェクターって、本当に楽しいってか、ホント、自分に
刺激を与えてくれる。

ギターと同じくらい、もしくは、それ以上に可愛い感じ。

で、ギターはと言うと、

・Fernandes ”グリム”

これは、最近、送られて来たギターなんだけど、チェンバードボ
ディーを採用した実験的な1本。

普段から、重いギターより、軽いギターの方が好みなんだけど、
中にチェンバード加工して更に軽くしたら、音は、どの様に変化
するのかって事を前々から試してみたかったんだよね。

でも、やっぱり、持った時のバランスが最高で、ボディーのエア
ー感が、ダイレクトに音に反映して、めちゃ楽しい。

こう言うギターを実際に作ってくれるメーカーには、いつも感謝
してます!

でもね、めちゃ意外だったのが、思ってたより低域が豊かだった
事。

なんか、セミアコとかって、低域が少ない感じしない?

でも、想像してたより、ずっと豊かなローがあって、本当に意外
だった。

何でも試すもんだと思ったし、やっぱり先入観を持つのって、自
分を狭くするもんだなって思った。

反対に思ってた通りだったのが、思ってた以上に硬さが無かった
ってとこ。

高域は、そんなに無いだろなーって思ってたんだけど、それは、
ある意味当たってたよ。

でも、面白いのが、このギターを弾く事によって、他のモデルの
良し悪しが物凄く判ったって事。

まぁ、良し悪しってか、それぞれの特徴が明瞭になったって感じ

少しの間、色んなステージで試そうと思ってるよ。

で、無事にリハーサルも終了したんだけど、さて、本番は、如何
に!

わんっ

dsc01621.jpg

食べる的

dsc01618.jpg

Marshall的

dsc01616.jpg

簡易ボード的

dsc01612.jpg

”グリム”的

dsc01613.jpg

”こまほケーブル”的

twitter_logo_header.png</p