Archive for 10月 1st, 2016

FloydRose的な?

土曜日, 10月 1st, 2016

先日、トレモロ・ユニットを交換してもらったので、その時の話で
も。

実は、沢山ある中で、唯一、FloydRoseのユニットを搭載している
のが、DEANのギター。

このギター、御茶ノ水 大楽器祭りに出演する際に送って頂いたギタ
ーなんだけど、人生初のFloydRose+EMGを搭載したモデル。

FloydRose+EMGって組み合わせは、比較的、ポピュラーな組み合
わせなんだけど、個人的に、この組み合わせは、初めて。

で、送られてギターを数日間、ずっと試してたんだけど、どうも、
チューニングが合わない。

FloydRoseって、チューニングが狂わないと思っていたので、チュ
ーニングが狂うって言うのは、めちゃ衝撃的な事だったんだけど、
イベントの際は、騙し騙しプレイしていた感じ。

イベントの直前に、ユニット自体を交換して頂いたんだけど、それ
でもダメ。

なので、イベント当日も、リペアマンの方に本番直前まで、調整し
て頂いてたんだけど、それでも、やっぱりダメであった。

イベントも、無事に終わったので、また再調整に出したんだけど、
それは、調整&ネックのシェイピング。

普段は、自分のモデルしかプレイしないので、ネックの形状に疑問
を持った事が無いんだけど、自分のモデルのネックシェイプに近付
けてもらう為、リシェイプ。

数日後、シェイプを確認する為、メーカーの方に向かったんだけど
、シェイプは、バッチリ。

で、すぐ、自宅の方に発送して頂いたんだけど、良く見ると、また
、トレモロ・ユニットが替わっているでは無いか。

元々は、FloydRoseのオリジナルを搭載してたんだけど、今度は、
GOTOH製のFloydRoseに。

すると、あんなに問題だったチューニングも、全く、狂わなくなっ
ていた。

GOTOH、すごーい!と叫んだかどうかは覚えて無いけど、なんせ
、GOTOH、すごーい!と思った。

んーっ、もちろん、ユニット自体も、当たり外れみたいなのがある
かも知れないけど、ユニットのブランドを交換したとたん、全てが
解決。

やっぱり、日本製って、凄いのねん。

高坂くん、ありがとねーっ!

わんっ

dsc00301.jpg

オリジナル的な

dsc00742.jpg

GOTOH製的な

dsc00751.jpg

DEAN的な

twitter_logo_header.png</p