Archive for 3月 16th, 2012

想いで的な?パート10!

金曜日, 3月 16th, 2012

ってな感じで、お寿司の注文も完了したんだけど、注文通り、15
時前に4人前(特注8人前?)のお寿司が届いた。

で、その直後に担当ディレクターがスタジオに現れたんだけど、
テーブル一杯に並んだお寿司を見て、

”うわーっ、美味しそうだねーっ。誰かの差し入れ?”

と、信じられないくらい呑気な事を口にした。

だれも、何も答えなかったんだけど、早速、みんなで食べる事に
なった。

”いやーっ、仕事中のお寿司って、本当に美味しいよねーっ”

と、担当ディレクターは、本当に上機嫌。

もちろん、誰も何も答えない。

担当ディレクターは、遅刻の際、電話を入れているので、まさか
、自分が目の前のお寿司を自腹で払う事になるだなんて、これっ
ぽっちも思っていない。

で、その上機嫌で食べまくっている呑気な担当ディレクターに、
アシスタントが領収書を手渡した。

”んっ、何々~っ”

”えっ?何、この金額・・・”

アシスタントは言った。

”◯◯さん、今日、遅刻しましたので、ルール通りお寿司を注文
させて頂きました”

”だって、会議で遅くなるって電話入れたじゃ~ん!”

”でも、おっ、面白いねーっ、おれも参加しよーかなぁーって言
ったの◯◯さんですよ”

”そりゃ、そうだけどさぁ~”

”それじゃあ、多数決で決めましょう”

”◯◯さんに、今回のルールを適用する事に賛成の人?”

”はいっ、はいっ、はいっ!”

”はいっ、3対1で、◯◯さんの負けですっ”

”そっ、そんなぁ~っ”

”それじゃあ、払わないんですね?それでは、3人が自腹を切り
ますので、もう帰って頂いて結構ですよ”

と、冷たくアシスタントが言った。

”わっ、判ったよぉ、払えばいいんでしょぉ、払えばぁ”

と言いながら、担当ディレクターは、渋々、領収額を支払った

”おれ、この仕事、向いて無いのかなー”

と、担当ディレクターが弱気な発言をすると、

”いや、むしろ、向いてると思いますよ”

とアシスタントが一言。

それ以来、パッタリとスタジオに姿を現さなくなったのは、言
うまでも無いのであーる。

遅刻は、良く無いよねーっ。

わんっ

g055901pm1_a.jpg

遅刻=お寿司!

twitter_logo_header.png</p