Archive for 3月 14th, 2012

想いで的な?パート9!

水曜日, 3月 14th, 2012

しかし、その翌日、担当ディレクターは、約束の時間には現れなか
った。

で、電話が鳴り、

”ゴメン、ゴメン、会議が長引いちゃってさぁーっ”

”15時には行けると思うんだよねー”

と、一言。

会議が長引こーが、早く終わろうが、ルールはルールなので、おれ
達3人は、早速、半笑いで、お寿司屋のメニューを吟味する作業に
入った。

前回のピザ同様、¥30,000前後を目標に設定!

でも、出前のお寿司で¥30,000を超えると言うのは、中々、難し
い作業だったんだけど、取り敢えず、お店に電話して聞いてみる事
になった。

”はいっ、◯◯寿司ですっ”

”もしもしー、いつも、にぎりを3人前注文する者なんですけど”

”いつも、毎度、ありがとうございます!”

”で、今回は、ちょっと相談したいんですけどー”

”はいっ、何でございましょうか?”

”えーっと、4人前で¥30,000って超えられます?”

”んーっ、内容にもよりますが、にぎり寿司だけだと、ちょっと厳
しいかもですね”

”そしたら、茶碗蒸しと赤出しをそれぞれ4人前と、にぎりを二人
前ずつにしたら、¥30,000超えます?”

”んーっ、それでも、少し足りないですぅ”

”そしたら、茶碗蒸しと赤出しをそれぞれ4人前と、にぎりを二人
前ずつなんだけど、イカとかタコとかマグロなんかを高いネタに
交換したら、どう?”

”それだったら、超えられると思います!”

”そしたら、それでお願いしまーす!”

”いつも、ありがとうございます!”

”あっ、領収書は、◯◯さんで、15時前に持って来てもらえる?”

”はい、かしこまりました!”

パート10に続く・・・

わんっ

g055901pm1_a.jpg

さて?担当ディレクターの行方は!

twitter_logo_header.png</p

想いで的な?パート8!

水曜日, 3月 14th, 2012

で、数日後、余りの疲労に、1時間程遅刻したおれは、スタジオに
到着するなり、自分の目を疑うのであった。

”んっ?何?このお寿司・・・”

アシスタントは言った。

”YOUさん、お寿司注文しておきましたから”

”えっ?”

おれが遅刻したので、既に注文しておいたとの事。

ガーン!

おれは、余りのショックに、

”絶対、遅刻せーへん!”

と、心に誓ったんだけど、少しの間、みんなが遅刻しなかったので
、お寿司の事、完全に忘れてたのであーる。

だから、余計にショックだったんだけど、恐ろしい事に段々条件は
エスカレートして、例え、定刻の13時前であっても、スタジオに到
着するのが一番遅い人間が、みんなにお寿司を御馳走するのはどう
かと言う案まで飛び出していた。

当然、誰も遅刻しなくなった。

お寿司の効果は絶大であった。

でも、誰も遅刻しなくなったので、面白く無いなーなんて思ってた
んだけど、そこに現れたのが、ピザ代、¥30,000を払わされた担当
ディレクター。

担当ディレクターは、その話を聞いて、

”おっ、面白いねーっ、おれも参加しよーかなぁーっ”

”だって、誰かが遅刻したら、お寿司食べれるんでしょ?やるやるぅ
ーっ”

と、簡単に言い放った。

いつも、ランダムな時間に姿を現す担当ディレクター自ら、ちゃん
と13時に来ると言うのだ。

彼は、この時、ピザの事を完全に忘れていた。

パート9に続く・・・。

わんっ

g055901pm1_a.jpg

担当ディレクター、元気かなーっ?

twitter_logo_header.png</p