Archive for 3月 8th, 2012

想いで的な?パート3!

木曜日, 3月 8th, 2012

DEAD ENDが、活動を休止しようとしていた頃、とあるレコーデ
ィング(何のレコーディングかは覚えていない)の為、とあるスタ
ジオに籠っていた。

そのレコーディングは、とてもタイトなスケジュールでの作業で、
おれ、エンジニア、アシスタントの3人は、本当に疲れきっていた

しかし、その現場を担当していたディレクターは、いつも、スタジ
オに顔を出すと、すぐミーティング・ルームで寝ていた。

で、連日の作業で、全く寝ていなかった3人の披露はピークに達し
、ある計画を企てる事にした。

食事の時、現場にディレクターが居ない時は、誰かが食事代(出前
)を立て替えて、後で領収書を渡し、その場で精算と言うのが、一
般的だったんだけど、3人だと、一人¥1,000くらいと考えて、大
体、いつも¥3,000前後であった。

で、その企てた計画とは、3人しか居ないにも関わらず、爆発的な
金額を注文し、いつも寝てばかりいる担当ディレクターを懲らしめ
ると言う内容であった。

例えば、お寿司を注文したとしても、3人前くらいだと、そんなに
爆発的な金額には到達しないので、悪い顔をした3人は、何を注文
すれば爆発的な金額になるかを考え抜く事にした。

とても難しい問題だったので、レコーディング作業は、とっても、
とっても滞っていた。

しかーし、おれは、とある事に気が付いた。

ピザの宅配が、一番爆発的金額になるのでは無いかと。

あくまでも3人前で、そのスタジオに宅配出来ると言うのが最低条
件なので、とても難しい問題だったんだけど、その日の夕食は、ピ
ザに決定した。

で、何をすれば、爆発的な料金になるかを検討したんだけど、お店
の方に直接確認する事にした。

”リーン、リーン”

”はいっ、ドミ◯ピザ、◯◯店でございます!”

”えーっと、ピザを3枚注文したいんですけどーっ”

”はいっ、ありがとうございます!種類は決まっておりますか?”

”えーっと、一番高いのって、どれになりますでしょーか?”

”はいっ、◯◯と◯◯が一番高いメニューになっております”

”えーっと、もっともっと高くする方法って、あります?”

”そうですねーっ、例えばトッピングとかは如何ですか?”

”なるほどーっ、トッピングで高くするって方法ね”

”沢山トッピングすればする程、料金は高くなります”

おれは、”沢山トッピングすればする程、料金は高くなります”?
当たり前やんとか何とか思いながらも、

”トッピングを決めたら、また連絡しますーっ”

と言い、電話を切った。

で、スタジオに居た3人は、どれを注文すれば一番高くなるかの検
討に入った。

パート4に続く・・・。

わんっ

169.jpg

懐かしいぜっ!

twitter_logo_header.png</p