Archive for 3月, 2012

ゲスト出演的な?パート3!

火曜日, 3月 20th, 2012

で、無事に本番がスタートしたんだけど、自分の出番まで、少し時
間があるって事なので、客席で観る事に。

んーっ、普段、同じステージに立ってる事が多いので、Morrieを客
席から観るのって、ちょこっと変な感じだったんだけど、彼のソロ
を観るのは、今回が3回目。

大昔に2度程観てるんだけど、こうやって客席から観るのって、本
当に久しぶり。

で、最初のブロックだけ観る事が出来たんだけど、彼ならではのワ
ールドを構築してて、とっても楽しかったなー。

結局、19時半過ぎ頃、ステージに呼ばれたんだけど、ゲスト出演っ
て、滅多に無い事なので、ちと緊張したのでした。

(JOEも、ちょこっとくらい緊張したかも?)

最初に演奏したのが、”Heaven”だったんだけど、結局、一度もCD
を聴く事無くステージへ。

CD聴いて確認した方がいいかなーって思ったりもしたんだけど、
全く聴かずにステージ上がった方が刺激的かなーと思って、そのま
ま上がっちゃった。

でも、普段、ステージで座ってプレイする事なんて無いので、とっ
ても新鮮だったんだけど、今度、DEAD ENDのステージでも座って
プレイしよっかなーっ。

あっ、ライブハウスだと、後ろの人、全く見えないか?

で、自分の出番も、無事に終了したんだけど、2曲だと、ホント、
あっという間に終わっちゃうなーっ。

この日は、都内某所で打ち上げがあったんだけど、この日は車で行
ってたって事もあって、そのまま帰宅。

(おれ、エラいっ!)

でも、たまには、こう言うのも楽しいね。

Morrie&みんな、お疲れ様でしたーっ!

わんっ

2012_0304cp.jpg

出番、5分前!

2012_0304cr.jpg

みんな、ありがとねーっ!

2012_0304ed.jpg

時速850kmで帰る的な

twitter_logo_header.png</p

ゲスト出演的な?パート2!

月曜日, 3月 19th, 2012

その、レコーディング以来、初めて演奏する曲ってのは、

”Heaven”

って曲だったんだけど、いやーっ、懐かしいねーっ。

この曲は、3rd Album “shambara”に収録されてる曲なんだけど、
実は、ライブで一度もやった事無かったんだよねーっ。

個人的にも、レコーディング以来、一度もプレイして無かったんだ
けど、リラックスしてプレイ出来たし、めちゃ楽しかったなー。

で、もう1曲は、2nd Album “GHOST OF ROMANCE”に収録され
ている”DECOY”って曲だったんだけど、この曲をプレイするのも、
めちゃ久しぶり。

でも、普段プレイしない曲って、めちゃ新鮮だし、いつも楽しんで
演奏出来るんだけど、いつの日にか、アンプラグドのライブもいい
かも。

(でも、アンプラグドでプレイ出来る曲って、限られてるかー?)

で、リハーサルも無事に終了したので、控え室に戻ってお弁当食べ
てたんだけど、この日は、JOEと二人だけなので、ちょっとだけ、
いつもと違う感じ?

夕食も滞り無く終了したんだけど、さて、本番は、如何に!

わんっ

2012_0304bm.jpg

自宅の練習セットをそのまま移動!

2012_0304bn.jpg

Aria Custom Shop NXP-01!

2012_0304bt.jpg

怪しげ?

2012_0304bw.jpg

リハーサル終了!

2012_0304cj.jpg

さて?

2012_0304ci.jpg

じゃん!

2012_0304ch.jpg

いっただきまーす!

twitter_logo_header.png</p

ゲスト出演的な?

土曜日, 3月 17th, 2012

先日(と言っても、かなり前)、Morrieのソロ・ライブにゲスト出
演した時の話でも。

結構、直前になってから決まったんだけど、時間があったら観に行
こうと思ってたので、何の問題も無く決定。

で、会場はと言うと、赤坂BLITZ。

赤坂に行くのって、ミュージカルを観に行って以来なんだけど、こ
の日は、ギターなんかも持って行かなきゃだったので、車で行く事
にした。

この日は、休みの日って事もあって、道路も、めちゃ空いてたんだ
けど、普段も、こんくらい空いてると楽チンなんだけどなーっ。

(リハーサルやライブの時以外は、ほとんど乗らないのだ)

この日のゲストは、JOE、おれ、清春の3人だったんだけど、軽く
、音合わせだけして本番に挑む事になった。

この日は、レコーディング以来、初めて演奏する曲もあったし、久
しぶりにステージでエレアコなんかも弾いたんだけど、ステージで
エレアコ弾くなんて事、滅多に無いので、ちと緊張。

で、レコーディング以来、初めて演奏する曲って、さて何でしょ?

わんっ

2012_0304aj.jpg

ムニャムニャ・・・

2012_0304an.jpg

そろそろかな?

2012_0304aq.jpg

発見的な

2012_0304ar.jpg

おはようございまーす

2012_0304as.jpg

隣は、清春的楽屋的な

2012_0304ax.jpg

テックの徳ちゃんが居ないので、自分で張り替える的な

2012_0304bl.jpg

どれにしましょか?

2012_0304az.jpg

リハーサルも頑張って来まーす!

twitter_logo_header.png</p

想いで的な?パート10!

金曜日, 3月 16th, 2012

ってな感じで、お寿司の注文も完了したんだけど、注文通り、15
時前に4人前(特注8人前?)のお寿司が届いた。

で、その直後に担当ディレクターがスタジオに現れたんだけど、
テーブル一杯に並んだお寿司を見て、

”うわーっ、美味しそうだねーっ。誰かの差し入れ?”

と、信じられないくらい呑気な事を口にした。

だれも、何も答えなかったんだけど、早速、みんなで食べる事に
なった。

”いやーっ、仕事中のお寿司って、本当に美味しいよねーっ”

と、担当ディレクターは、本当に上機嫌。

もちろん、誰も何も答えない。

担当ディレクターは、遅刻の際、電話を入れているので、まさか
、自分が目の前のお寿司を自腹で払う事になるだなんて、これっ
ぽっちも思っていない。

で、その上機嫌で食べまくっている呑気な担当ディレクターに、
アシスタントが領収書を手渡した。

”んっ、何々~っ”

”えっ?何、この金額・・・”

アシスタントは言った。

”◯◯さん、今日、遅刻しましたので、ルール通りお寿司を注文
させて頂きました”

”だって、会議で遅くなるって電話入れたじゃ~ん!”

”でも、おっ、面白いねーっ、おれも参加しよーかなぁーって言
ったの◯◯さんですよ”

”そりゃ、そうだけどさぁ~”

”それじゃあ、多数決で決めましょう”

”◯◯さんに、今回のルールを適用する事に賛成の人?”

”はいっ、はいっ、はいっ!”

”はいっ、3対1で、◯◯さんの負けですっ”

”そっ、そんなぁ~っ”

”それじゃあ、払わないんですね?それでは、3人が自腹を切り
ますので、もう帰って頂いて結構ですよ”

と、冷たくアシスタントが言った。

”わっ、判ったよぉ、払えばいいんでしょぉ、払えばぁ”

と言いながら、担当ディレクターは、渋々、領収額を支払った

”おれ、この仕事、向いて無いのかなー”

と、担当ディレクターが弱気な発言をすると、

”いや、むしろ、向いてると思いますよ”

とアシスタントが一言。

それ以来、パッタリとスタジオに姿を現さなくなったのは、言
うまでも無いのであーる。

遅刻は、良く無いよねーっ。

わんっ

g055901pm1_a.jpg

遅刻=お寿司!

twitter_logo_header.png</p

想いで的な?パート9!

水曜日, 3月 14th, 2012

しかし、その翌日、担当ディレクターは、約束の時間には現れなか
った。

で、電話が鳴り、

”ゴメン、ゴメン、会議が長引いちゃってさぁーっ”

”15時には行けると思うんだよねー”

と、一言。

会議が長引こーが、早く終わろうが、ルールはルールなので、おれ
達3人は、早速、半笑いで、お寿司屋のメニューを吟味する作業に
入った。

前回のピザ同様、¥30,000前後を目標に設定!

でも、出前のお寿司で¥30,000を超えると言うのは、中々、難し
い作業だったんだけど、取り敢えず、お店に電話して聞いてみる事
になった。

”はいっ、◯◯寿司ですっ”

”もしもしー、いつも、にぎりを3人前注文する者なんですけど”

”いつも、毎度、ありがとうございます!”

”で、今回は、ちょっと相談したいんですけどー”

”はいっ、何でございましょうか?”

”えーっと、4人前で¥30,000って超えられます?”

”んーっ、内容にもよりますが、にぎり寿司だけだと、ちょっと厳
しいかもですね”

”そしたら、茶碗蒸しと赤出しをそれぞれ4人前と、にぎりを二人
前ずつにしたら、¥30,000超えます?”

”んーっ、それでも、少し足りないですぅ”

”そしたら、茶碗蒸しと赤出しをそれぞれ4人前と、にぎりを二人
前ずつなんだけど、イカとかタコとかマグロなんかを高いネタに
交換したら、どう?”

”それだったら、超えられると思います!”

”そしたら、それでお願いしまーす!”

”いつも、ありがとうございます!”

”あっ、領収書は、◯◯さんで、15時前に持って来てもらえる?”

”はい、かしこまりました!”

パート10に続く・・・

わんっ

g055901pm1_a.jpg

さて?担当ディレクターの行方は!

twitter_logo_header.png</p

想いで的な?パート8!

水曜日, 3月 14th, 2012

で、数日後、余りの疲労に、1時間程遅刻したおれは、スタジオに
到着するなり、自分の目を疑うのであった。

”んっ?何?このお寿司・・・”

アシスタントは言った。

”YOUさん、お寿司注文しておきましたから”

”えっ?”

おれが遅刻したので、既に注文しておいたとの事。

ガーン!

おれは、余りのショックに、

”絶対、遅刻せーへん!”

と、心に誓ったんだけど、少しの間、みんなが遅刻しなかったので
、お寿司の事、完全に忘れてたのであーる。

だから、余計にショックだったんだけど、恐ろしい事に段々条件は
エスカレートして、例え、定刻の13時前であっても、スタジオに到
着するのが一番遅い人間が、みんなにお寿司を御馳走するのはどう
かと言う案まで飛び出していた。

当然、誰も遅刻しなくなった。

お寿司の効果は絶大であった。

でも、誰も遅刻しなくなったので、面白く無いなーなんて思ってた
んだけど、そこに現れたのが、ピザ代、¥30,000を払わされた担当
ディレクター。

担当ディレクターは、その話を聞いて、

”おっ、面白いねーっ、おれも参加しよーかなぁーっ”

”だって、誰かが遅刻したら、お寿司食べれるんでしょ?やるやるぅ
ーっ”

と、簡単に言い放った。

いつも、ランダムな時間に姿を現す担当ディレクター自ら、ちゃん
と13時に来ると言うのだ。

彼は、この時、ピザの事を完全に忘れていた。

パート9に続く・・・。

わんっ

g055901pm1_a.jpg

担当ディレクター、元気かなーっ?

twitter_logo_header.png</p

想いで的な?パート7!

火曜日, 3月 13th, 2012

で、その日の午後、早速、エンジニアのK氏が、定刻(13時)を少
し過ぎた辺りに現れた。

自分は、ちょっと早めに到着していたので、これからどうなるのか
物凄く興味があったんだけど、アシスタントが、

”Kさん、今日は遅刻しましたので、お寿司注文しますね”

本当は、

”バッカヤロー”

と言いたかったに違い無いけど、今回の企画は、この日の遅刻者で
あるK氏が発案者なので、澄ました顔で、

”好きなの注文していいよっ”

それを聞いたおれは、んーっ、今回注文するお寿司が基準になっち
ゃう可能性が大なので、余り高いのにならなきゃいいのになーと思
いながらも、高いのを注文してしまった。

で、待つ事、約30分。

無事、注文したお寿司がやってきた。

もちろん、これは、K氏の自腹なので、K氏がお金を払っているのを
見ながら、

”この企画、冗談じゃ無かったんだぁ・・・”

と背筋がゾクゾクしながらも、パクパク食べるおれなのであった。

パート8に続く・・・。

わんっ

g055901pm1_a.jpg

遅刻王が遅刻しなくなったお寿司

twitter_logo_header.png</p

想いで的な?パート6!

月曜日, 3月 12th, 2012

1stソロをレコーディングしてた時の話なんだけど、当時は、今と
違い、夜が明けてもギターを弾いているなんて事は、日常的であっ
た。

しかも、朝の8時に、その日の作業が終わっているにも関わらず、
また、その日の13時から作業がスタートすると言う、物凄く過酷な
日程で作業は進められていた。

基本的にタイトなスケジュールで動いているので、余程の事が無い
限り、休みも無いんだけど、日々の披露が蓄積し、毎日、少しずつ
だけど、誰かが遅刻する様になっていた。

基本、13時スタートが普通なので、いつも、お昼頃スタジオに到着
して、お昼ご飯を食べた後、作業がスタートって感じであった。

まぁ、睡眠不足なのは、アーティストもスタッフも同じなんだけど
、みんなが遅刻しない様、ある事が取り決められた。

その取り決めとは、もし、今回のプロジェクトが終了するまでに遅
刻した場合は、お昼ご飯にお寿司を御馳走すると言う内容であった

その場に居た関係者は、

”いいねーっ、面白いねーっ”

とか何とか言いながら笑ってたんだけど、その日の作業も、当然の
如く朝までの作業になっていた。

で、朝の7時頃に、その日のレコーディングが終了したので、

”遅刻したら、お寿司ですよーっ”

とのスタッフの声に送られながら、そのままタクシーで家へと向っ
た。

で、家に着いたおれは、シャワーを浴びて、そのまま寝たんだけど
、ベッドに入ると、ある事が気になって眠れないでいた。

アシスタントが言った、

”遅刻したら、お寿司ですよーっ”

と言うのは、本当の事だろうか?それとも、冗談なんだろうか?

まぁ、どっちにしても、少しの間、遅刻しない様にして様子を見る
事にして眠りについた。

パート7に続く・・・。

わんっ

g055901pm1_a.jpg

大好きーっ!

twitter_logo_header.png</p

想いで的な?パート5!

土曜日, 3月 10th, 2012

”でっ、でかい上に分厚い・・・”

只でさえデカいサイズのピザを注文した上に、恐ろしい量のトッピ
ングを加えた為、物凄く重厚で淫靡なルックスへと変貌していた。

もちろん、今まで見た、どのピザよりもデカかった。

と言うより、分厚かった。

で、早速、食べる事になったんだけど、3人が、ピザを一切れずつ
持ち上げようとした瞬間、余りの重さに具材が全て落ちてしまった

もちろん、3人は大爆笑したんだけど、丁度、その時、担当ディレ
クターが、寝ぼけた顔をしてスタジオへとやって来た。

”うわーっ、物凄くいい匂い!美味しそうだねーっ”

”誰かの差しれなのー?”

誰も、担当ディレクターの問いかけに答え無かった。

いやっ、答えなかったと言うより、後で領収書を出す事を考えると
、誰も答えられなかったのだ。

で、3人は、必至に食べてるフリをして、その場を乗り切ろうとし
たんだけど、なんと!担当ディレクターも、ピザを食べだした。

担当ディレクターは、完全に誰かの差し入れだと思い込んでるので
、食べに食べまくっている。

”熱々のピザって、本当に美味しいんだぁーっ”

と言いながら、サイドメニューのチキンなんかも、食べまくってい
る。

”しっかし、このピザ、物凄く具材が沢山乗ってて豪勢だよねーっ”

”これ、なんてメニューだろ?今度、注文してみよーっと”

と、一人でルンルンであった。

その、担当ディレクターの上機嫌な様子を見たアシスタントが、ピ
ザを片手に領収書を担当ディレクターに手渡した。

”なになにぃーっ、あっ、いつもの夕食代の立て替えだねーっ”

と言いながら領収書の金額を見た担当ディレクターの顔から笑顔が
消えた。

数秒前まで、これ以上無いと言うくらい上機嫌だったにも関わらず
、¥30,000を超えている領収書を見た彼の顔からは、完全に血の気
が引いていた。

”ねぇねぇ、何を注文したら、こんな金額になるのぉーっ?”

アシスタントは、担当ディレクターに向って言った。

”◯◯さんの持ってるピザです!”

”えっ・・・、こっ、このピザ・・・?”

領収書の金額を見た担当ディレクターは、当初、完全に怒りモード
だったんだけど、自分も、ピザを食べてしまっている手前、その怒
りを吐き出すタイミングを逃していた。

で、担当ディレクターは、おれ達3人に向って言った。

”こっ、こんなに豪勢なんだから、仕方無いよねぇ”

その言葉を聞いた瞬間、おれ達3人の士気は高まるのであった。

そして、当然、次の作戦の事を考える3人であった。

わんっ

169.jpg

また、作戦の時は、よろしくでーす!

twitter_logo_header.png</p

想いで的な?パート4!

金曜日, 3月 9th, 2012

取り敢えず、Lサイズを3枚注文してぇ、トッピングはぁ、

ベーコンでしょ、ロースハムでしょ、トマトでしょ、ソーセージ二
種類でしょ、マッシュルームでしょ、ダブルチーズでしょ、ってな
具合で、1枚につき¥7,000を超す事に成功。

でも、まだ、いつもの10倍の金額には程遠い為、今度は、サイドメ
ニューを検討する事になった。

取り敢えず、サラダのデカいのを3個でしょ、チキンでしょ、辛口
チキンでしょ、ポテトでしょ、スープでしょ、パイでしょ、ってな
具合で、ようやく¥30,000を超す事に成功。

んーっ、3人分の出前で、¥30,000・・・。

普通だったら、怒られるよなーっ、と思ったかも知れないんだけど
、あまりにもスタジオに缶詰になって常軌を逸していた3人は、善
悪の判断が出来ない状態になっていた。

で、注文するメニューが決まったので、ドミ◯ピザに電話する事に
なった。

”えーっと、さっき電話した者なんですけどぉ”

”はいっ、御待ち申し上げておりましたっ”

”取り敢えず、◯◯のLサイズを3枚なんですけどぉ”

”はいっ、◯◯のLサイズが3枚ですね”

”トッピングの方は、如何致しましょうか”

”ベーコンとぉ、ロースハムとぉ、トマトとぉ、ソーセージ二種類と
ぉ、マッシュルームとぉ、ダブルチーズでっ”

”そっ、それ、全部でございますか?”

”もちろん!本当は、全トッピングしたい気分ですぅ”

”はっ、はい!かしこまりました!”

”あと、サイドメニューなんですけどぉ”

”はいっ、サイドメニューの方は、どう致しましょう”

”サラダのデカいのを3個とぉ、チキンとぉ、辛口チキンとぉ、ポテ
トとぉ、スープとぉ、パイを3人前ずつお願いしたいんですけど”

”その様な御注文の場合、お得なパーティーセットもございますが”

”えーっと、お得じゃ無い方がいいのでぇ”

”かっ、かしこまりましたっ”

”それでは、御注文を繰り返させていただきますね”

”◯◯のLサイズを3枚と、それぞれのピザに、ベーコン、ロースハ
ム、トマト、ソーセージ二種類、マッシュルーム、ダブルチーズの
トッピングと、サイドメニューが、サラダのデカいのを3個、チキ
ン、辛口チキン、ポテト、スープ、パイをそれぞれ3人分ですね”

”はいっ、間違い無いので、なるべく早くお願いしまーす”

ってな具合で、注文は完了した。

で、ピザが到着するまで、また作業に戻った3人だったんだけど、
受付から、ピザが届いたと言う連絡が入ったので、そのままピザ屋
のお兄ちゃんに、大量のピザを持って来てもらう事にした。

数分後、この日の夕食であるピザを入手した我々は、ピザの箱を開
けて驚愕する事になった。

パート5に続く・・・。

わんっ

169.jpg

久しぶりに食べたいっ!

twitter_logo_header.png</p