Archive for 5月 22nd, 2010

真夏のインスト・イベント的な?

土曜日, 5月 22nd, 2010

今月、大阪で、久しぶりのソロ・ライブがあったんだけど、なんと
!7月も、連チャンで決定でございます!

7月3日は、大阪に行く時に、必ずプレイさせて頂いている”パンセ
ホール”。

で、翌日の4日は、今回、初めてプレイさせて頂く”Janus”。

3日は、イベントでは無く、通常のソロ・ライブになる予定なんだ
けど、翌日の4日は、めちゃ内容が濃くなる予定!

インスト・ユニットばかり、4バンドが集結するんだけど、なっ、
なんと!そのギタリスト全員が、元テラ・ローザと言う物凄い企画

その、今回参加するギタリストは、

・おれ   (You’s Alien)
・鈴木 広美(Blue Symphony)
・三宅 庸介(Yosuke Miyake’s Strange,Beautiful and Loud)
・今井 芳継(Solo Project)

の4バンドなんだけど、いやーっ、どんなライブになるのか、めち
ゃ楽しみ!

暑い最中だけど、お時間のある方は、是非是非っ!

dsc012_00012.jpg

『You’s Alien』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓     ↓    ↓

☆2010年07月03日(土)

☆大阪『PENSEE HALL』

☆【出演】

・You’s Alien他

☆OPEN/近日発表/ START/近日発表

☆前売り¥2,500/当日¥3,000

toi1211.jpg

詳しくは、こちら←←←

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑     ↑    ↑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

dsc012_0002.jpg

『CREATURE 3』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓     ↓    ↓

☆2010年07月04日(日)

☆大阪『Janus』

☆【出演】

・You’s Alien
・SUZUKI HIROMI’S BLUE Symphony
・Yosuke Miyake’s Strange,Beautiful and Loud
・Yoshitsugu Imai Solo Project

☆OPEN/16:30/ START/17:30

☆前売り¥4,000/当日¥4,500

toi1211.jpg

詳しくは、こちら←←←

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑     ↑    ↑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


復活の狼煙?的な?

土曜日, 5月 22nd, 2010

もう、随分前の話(数ヶ月前)なんだけど、大昔に使っていたギタ
ーが出土したので、復活させる事にした。

さて、そのギターとは?

じゃじゃん!

Fernandes RST-50!!!

このギターは、大昔(二十歳くらいの時)に買ったギターなんだけ
ど、当時、GibsonのFlying Vを使っていたおれには、かなり異質
なギターであった。

まず、当時、ハムバッキングのギターを使っていたので、シングル
コイルのギター自体に違和感があったのも確かなんだけど、何故か
、このギターで練習した後に、Flying Vでプレイすると、やたらと
、自分のフレーズが簡単に弾ける様になったのを覚えている。

その頃は、スケールの違いなんてもんは、全く気にしてなかったし
、スケールの違いによるテンションの変化も、全く気にならなかっ
たのであーる。

このギターは、Fernandesの”The Revival”ってシリーズなんだけ
ど、当時は、かなりビンテージを意識した、超人気モデルであった

で、何かの縁で、出土して来たと思うので、Fernandesに持ち込ん
で復活させようと思ったんだけど、2トーン・サンバーストって事
もあって、54年モデルのドンズバを目指す事にした。

しかーし、余りにも放って置いたせいか、ネックがダメになってい
た(トラスロッドが効かない状態←調整出来ない状態の事ね)ので
、ネックは、差し替えが決定!

(ヘッド裏のシェイプが泣かせるんだよねーっ)

で、担当の安藤氏に、最高にモダンでビンテージな54年製を目指
したいと言う情熱をぶつけた結果、彼も快諾!

でも、どうせなら最高にモダンな54年製にしようって事になって
、ここから大改造が始まった。

まずは、アッセンブリーの総取っ替えが決定。

ピックガードも新調し、ピックアップなんかも、WOLFETONEの
ビンテージタイプに交換。

ここまでは、普通のモディファイなんだけど、ここからが、おれを
泣かせるのだっ!

なっ、なんと!ピックアップ・カバー、ボリューム&トーン・ノブ
(ツマミ?)、ピックアップセレクター・ノブまでが、54年製仕
様になっているのだ。

ちょこっとマニアックな話になっちゃうんだけど、54年製に装着
されていたピックアップカバー等は、それ以降に装着されている物
とは、微妙に形状が異なるので、この部分を見過ごしちゃうと、
ドンズバ度が、一気に下がっちゃうのであーる。

結局、当時のパーツで残ったのは、ボディーとトレモロ・ユニット
、ペグのみになっちゃったんだけど、ちょー大満足なモダンでビン
テージなギターが完成!

それと、最後に、おれを泣かせたのは、このギターが送られて来た
際に入っていたハードケース。

なんと!このケースまでもが、54年製仕様だったのであーる!

んーっ、全くもって、男心が判っているメーカーであーる。

高坂くん、安藤くん、ホントありがとねーっ!(涙)

わんころっ

img_6042.jpg

おーっ!(大興奮状態!)(←このケースを入れるケースを作る計画あり)

img_6041.jpg

おーーーっ!(涙)

img_6044.jpg

おーーーーーーっ!(号泣)

img_6050.jpg

物凄く古いロゴ的な

img_6073.jpg

判るかなー、このセクシーな丸み

img_6052.jpg

ちょこっとスカートの部分が短いんだよねーっ

img_6065.jpg

通常のより、ちょこっとアメフトのボールちっくなの判る?

img_6079.jpg

これまた、この丸い形状が、おれを泣かせるんだよなーっ