Archive for 9月 29th, 2008

日比谷は銀座の近く的な?

月曜日, 9月 29th, 2008

いやーっ、日比谷の野音2Daysが終了してから、はや2ヶ月!

とうとう、日比谷レポの瞬間がやってきましたな。

(でも、これまた話が長いんだよねーっ)

んじゃ、早速、日比谷野音のレポと参りましょう!

実は、隆一氏の野音2Daysは、7月26日、27 日と二日間開催され
たんだけど、この二日間が今回のツアー・ファイナルですな。

しっかし、まず最初に気になったのが、夏真っ盛りの7月の野音・
・・。んーっ、もう想像しただけで蒸し蒸しと暑そうだけど、この
日は、Tシャツを5枚持参して会場入り。でも、一番心配なのが、
当日の天気!

なっ、なんと!当日の予報は雨。

んーっ、それでは、雨の降った野音の客席を想像してみましょーっ

真夏の野音(湿度90%)→雨→カッパ着る→蒸し風呂→汗だく→
さらに湿度上昇・・・、と言う風に相当な覚悟が必要なライブにな
りそな予感ですな。

しかーし、雨が降るとか高温多湿と言うのは、楽器にとっても最悪
なコンディションなので、こりゃ笑ってられませんな。でも、問題
は、高温多湿な当日より、その後の方が問題だったりしますな。

おれの愛器達は、半端じゃ無いくらい塗装が薄いので、物凄く湿度
の影響を受け易いんだけど、大袈裟に言うと湿度が高い時って、木
が膨れちゃうんだよねーっ。(←野音当日に確認)で、そう言う時
って、チューニングも不安定になりがちなんだけど、問題は、その
後、急速に乾燥した場合ですな。塗装が割れるのはもちろんの事、
最悪の場合、木が割れたり、使い物にならないくらいネックが反っ
たりする事もしばしば。

幸い、おれが使ってるフリーダムやフェルのモデルは、シーズニン
グ(乾燥作業?)に時間をかけてるので、そう言った心配は無いん
だけど、おれの場合、ライブでプレイする良いギターって言うのは
、音はもちろんの事、丈夫って事が凄く重要ですな。いくら、音が
良くても、物凄くデリケートなギターは、実際の所、使い物になら
ない事も多いので、この辺りは、めちゃシビアな選択になっちゃい
ますな。

で、会場に着いて、すぐステージの方をチェックしに行ったんだけ
ど、案の定、全ての機材にシートが被せられてて、雨に備えてる感
じ。

んーっ、この日のライブは、どうなってしまうんでしょ?


dsc00004.jpg

久しぶり的ですなーっ

dsc00003.jpg

ここからの眺めも、超久しぶり的かも?

dsc00002.jpg

まぁ、このままでも使えない事無い的なんだけどねーっ

dsc00001.jpg

でも、これは、ちょっと音が変わっちゃうかも的な?

dsc07655.jpg

ふぉ〜ふぉっふぉっふぉっふぉっ

目白の奥様的な?パート2!

月曜日, 9月 29th, 2008

で、今回持って行ったあるギターって言うのは、日比谷の野音で
デビューした”蛇V”なんだけど、まぁ、調整たって、ストラップ
・ピンの位置変更と、軽い調整だけですな。

普段プレイしているストラト・タイプなんかだと、ストラップ・
ピンの位置を変更するなんて事有り得ないんだけど、やっぱり、
フライングV系は、重さや大きさ等で、かなりバランスが変化す
るので、ストラッピ・ピンの位置は想像以上に重要なんだよねー
っ。

まぁ、昔は、自分で色々とリペア(修理等ね)なんかもしてたん
だけど、ここ数年は全くやらなくなったって言うか、全部プロに
任せる様になりましたな。

若い頃は、ピックアップの交換やケーブルなんかも自作してたん
だけど、やっぱり自分でハンダ付けしたケーブルなんかは信用出
来ませんな。だって、何のノウハウも無いのに作ってたし、良く
考えたら、そんなもん、よく現場で使ってたなーって感じ。

今は、ケーブルなんかも、オールパーツ・ジャパンの鹿野氏に全
部作ってもらってるので、超安心して使えるんだけど、やっぱり
プロの現場って思った以上にシビアなので、ケーブルやストラッ
プ・ピン一つでもプロに任せるのが一番ですな。

(安心感は、お金では買えないのだっ!)

で、いつも”HIWATT”(←真空管アンプね)で試奏するんだけど
、このアンプは、とっても解像度が高いので、試奏するのには最
適な感じ。

今回は、調整箇所が少ないので、すぐに退院して来たんだけど、
大阪のライブに間に合にあって、本当に良かったですな。

で、気が付けば日が暮れているでは無いか!

ちょっと飲みたい気分ですーっ。

img_0121.jpg

ストラップ・ピンの位置変更的な

img_0124.jpg

英国製的な

img_0127.jpg

サンプル的な

img_0135.jpg

お疲れさまでしたーっ!