Archive for the ‘Gear’ Category

結婚式的な?パート4!

金曜日, 5月 5th, 2017

食事会の後、そのまま下の階でパーティーがスタート。

なんと!参加人数が、100人と言う大パーティー。

ホント、凄すぎるぞっ。

彼は、美容師さんなんで、色んな仲間がいるんでしょうねー。

で、早速、演奏の方がスタートしたんだけど、んーっ、中々、いい
感じ。

この日の演奏は、3曲だったんだけど、もう一人のギタリストである
、新郎の父は、かなり酔っているので、完全にフラフラでの演奏。

いやーな予感も的中!

リハーサルの時に、あれだけ言ったにも関わらず、自分のボリューム
だけ、ガツーンとデカくしたのだ!

これは、ライブする会場じゃ無いし、ボーカルの子も、新郎のお友達
なんだから、ちゃんとボーカルの事も考えて演奏してね。

って、口を酸っぱくして言ったにも関わらず、ギターのボリュームを
ドーンと上げてしまい、ボーカルが全然聴こえない事に!

しかも、1曲目が何とか終了し、2曲目に入ろうとしてるのに、新郎父
は、ギターを弾くどころか、リュックをゴソゴソしている。

ライブ中に、自分のリュックをゴソゴソする人なんています?

”何、してんの?”

”カポタストが、どっかいってん”

んーっ、大切なカポタスト(ネックに挟んで、キーを変更するグッズ)
を紛失したみたいなんだけど、結局、見つからないまま、本番を続行。

で、何とか、お騒がせしながらも、何とか、本番が終了!

(本当に良かった!)

新郎父もご満悦で、新郎新婦&皆さんも楽しんでくれたみたいで、本
当に良かった!

我々の演奏が終わっても、パーティーは延々と続いてたんだけど、演
奏前に、

”演奏が終わったら、どうすんの?”

って、新郎父に聞くと?

”そりゃ、新郎の父やねんから、最後までいないとカッコつかんやろ”

と、父親らしい一言。

しかし、演奏が終わった瞬間、

”帰ろ、帰ろ、飲み行こっ”

と、さっき言っていた事は、何だったんだろーと思うような一言。

なので、機材を撤収し、そのまま、近くで飲む事に。

皆さんに、ご挨拶してから、会場を後にしたんだけど、しかーし、翌
日が、平日って事もあって、どこも閉店している。

翌日がお休み時は、遅くまで開いてるんだけど、どこのお店も、早終
い。

さて、我々一行は、どうなってしまうのかー!

わんっ

img_9035.jpg

本番、直前的

img_9037.jpg 

本番、スタート!

img_9064.jpg

本番中にも関わらず、探し物をする新郎父

img_9063.jpg

本番、終了!

img_9065.jpg

撤収!

twitter_logo_header.png</p

結婚式的な?パート2!

水曜日, 5月 3rd, 2017

この日の式は、夜だったって事もあって、先にチェックインを済ま
せて、軽く指慣らし。

少しだけ時間があったので、弦を交換したりなんかしてたんだけど
、やっぱり、フレッシュな弦って、めちゃ気持ちいいんだよねー。

本番とリハーサル、レコーディングの際は、新しい弦に交換するの
で、年間で言うと、恐ろしい回数の弦交換をしてる訳だけど、これ
も、弦メーカーのサポートがあってこそなので、いつも、サポート
してくれている、ROTO SOUNDには本当に感謝してます。

ROTO SOUNDは、こちら←←←

ROTO SOUNDを使う様になってから、はや数年経つんだけど、前
の代理店だったYAHAMA時代から愛用してるので、結構、使ってる
ね。

で、そのまま迎えが来たので、リハーサルの為、今夜のパーティー
会場へ。

この日のメンバーはと言うと、

Vo,B:新郎の友人
G:新郎の父
G:おれ
Dr:新郎の友人

だったんだけど、想像以上に、ちょー即席バンド。

リズムギターを担当する新郎父は、お酒を飲むと神ががった事を言
い出す割に、プレイのクオリティーは、ダダ下がりと言う猛者。

何となく、心配しながらも、何とかリハーサルも終了。

で、そのまま、結婚式の会場に!

さて、この日の式は、如何に!

わんっ。

dsc07685.jpg

眠いけど向かう的

img_9020.jpg

チェックイン的

img_9028.jpg

サウンド・チェック的

0306666.jpg

リハーサル、スタート!

img_9027.jpg

リハーサル、終了的!

twitter_logo_header.png</p

RK的 20th Anniversary「Love」的な?パート2!

月曜日, 5月 1st, 2017

無事、この日のリハーサルもスタートしたんだけど、この日、持っ
てったギターはと言うと、

・Fernandes ”赤ずきん”
・Fernandes ”グリム”

の2本。

どちらのモデルも大好きなんだけど、どちらも、物凄く弾き易い。

基本的に、自分のモデルしか弾かないので、他のギターの事は余り
判んないけど、ピックアップセレクターやボリューム・ポット等も
、トルクの硬さを選んで頂いてるので、細かいとこも、めちゃ自分
好みになっている。

特に、ボリュームは、想像以上に触るので、トルクの硬さは、めち
ゃシビアに選定している。

アンプの方はと言うと、隆一のMesa Boogieを使ったんだけど、彼
のアンプも、めちゃいい音するんだよね。

足下はと言うと、いつも、セッションで使っている簡易ボード。

まぁ、簡易とは言え、その中身は、ツアーにも十分耐えうるスペッ
クの物を並べてるんだけど、この簡易って言うのは、ペダル等の事
では無くて、ボード自体の事を指してるんだよね。

なんせ、ボードは、自分の手製なので、簡易って呼んでるだけ。

で、無事、リハーサルも終了したんだけど、さて、本番は、如何に

わんっ

dsc07606.jpg

久しぶり的

dsc07608.jpg

サウンド・チェック的

dsc07627.jpg

大好き的

dsc07611.jpg

リハーサル、終了的

twitter_logo_header.png</p

RK的 20th Anniversary「Love」的な?

月曜日, 5月 1st, 2017

この日は、隆一のライブだったんだけど、会場は、中野サンプラザ

ここに来るのは、めちゃ久しぶりだったんだけど、無事、予定の1
時間前に到着。

会場に着いてからバタバタしない為、いつも、早めに到着する様に
してるんだけど、1時間あると、ホント、色んな事が出来るよ。

まぁ、大体は、譜面のチェックをしながら、スイーツ食べながらコ
ーヒー飲んでるだけとも言えるんだけど、この時間が、めちゃ重要

控え室に着くと、いつも、スイーツなんかが沢山置いてあるので、
めちゃ嬉しいんだけど、このまったりタイムが重要なんですよねー

この日は、新しいピックも持ってってたので、控え室で色々試して
たんだけど、やっぱり、アメリカ製のピックの方が、全然バリエー
ションがあるし、早く、日本製のピックも、こんくらいのバリエー
ションになると嬉しいんだけどねー。

でも、ちょっと驚いたのは、Jim Dunlopの新しいピックなんだけど
、最初から、ちょこっと削れてる感じの加工がしてあるんだけど、
こんなの今まで見た事無い。

自分も、デビュー前〜デビュー後は、ちょっと弾いてる感じにヤス
リで削ってたもんね。

ほんのちょこっと削るだけなんだけど、弦に当たった時の感じで全
然変わるんだよね。

このピックも、そう言う効果を狙ってるのかどうかは判んないけど
、日本製では、見た事無いもんね。

詳しい素材の事は判んないけど、このウルテム系?の素材、めちゃ
いいんだよねー。

そう言えば、自分もウルテムが好みだったので、CLAYTONってブ
ランドのピックを使ってたんだけど、製品のバラツキが余りにも多
くて、使わなくなっちゃったんだよねー。

袋に100枚入ってるとしてら、半分くらいは反ってて使えなかった
んだけど、今は、改善してるといいんだけどね。

で、そのまま、サウンド・チェックに向かったんだけど、さて、リ
ハーサルは、如何に!

わんっ

dsc07580.jpg

向かう的  

dsc07585.jpg

中野サンプラザに到着的

dsc07592.jpg

テクテク的

dsc07590.jpg

控え室的到着的

dsc07652.jpg

おはよーっ

dsc07588.jpg

取り敢えず、おやつ的

dsc07458.jpg

いい感じ的

twitter_logo_header.png</p

文房具”Love”的な?

日曜日, 4月 30th, 2017

リハーサルの時は、いつも、色んなペンを持ってくんだけど、基本
的に、

・鉛筆
・鉛筆削り
・消しゴム
・シャーペン
・マーカー
・サインペン
・ハサミ

等を持ってく事が多い。

鉛筆は、いつも大体、STAEDTLERの2B〜4B辺りを使う事が多いん
だけど、太さ2.0のシャーペンも使いますよ。

割と濃いめのを使う事が多いんだけど、これは、軽く書いても、ち
ゃんと濃く書けるからで、薄いので強く書くと、間違えて消しゴム
で消した際、譜面に芯の跡が付くからで、ホント、軽く書いてる。

鉛筆もシャーペンも、数本ずつ持ってくんだけど、消しゴムなんか
も、2〜3個入れときますよ。

なんで、消しゴムが何個もいるんだ?

って思う人も多いと思うんだけど、もし、急いでる時に、コロコロ
って転がってっても、予備があると安心でしょ?

想像以上に、用心深いとこあるんだよねー。

(ちょっと大袈裟か?)

基本的に、鉛筆、シャーペン、マーカーを問わず、STAEDTLERの
物を買う事が多いんだけど、これは、完全の好みの問題なので、い
いとか悪いとかでは無いよ。

ただ、買うブランドを決めとけば、その中で選ぶだけなので、その
方が、めちゃ買い易いんだよね。

ブランドを決めとかないと、ホント、買うのが大変。

でも、マーカーやサインペンも、鉛筆以上に重要なんだけど、やっ
ぱり、文房具って楽しいねー。

やっぱり、好みの文房具を使う方が、仕事に対する士気も高まるっ
てもんだし、単純に、その方が楽しいもんね。

もちろん、その大好きな道具を入れる筆箱も、めちゃ大切。

種類によって分けてるので、何種類かの筆箱を使ってるんだけど、
筆箱も、自分が学生の頃と比べると、随分、オシャレになってるっ
て言うか、ホント、可愛いのが多いもんね。

自分の時代は、

”像が踏んでも・・”

みたいな感じだったんだけどね。

ファンの方達にも色んな文房具を戴くんだけど、いつも、めちゃ
楽しんでます。

あーっ、こんな話してたら、また文房具売り場に行きたくなって
きた。

文具コーナーって、何も買わなくても、めちゃ楽しくありません

わんっ

dsc07552.jpg

書き書き的な

dsc07554.jpg

文具庫的な

twitter_logo_header.png</p

真空管的な?

土曜日, 4月 29th, 2017

先日、真空管を交換したんだけど、今回は、プリ・チューヴを交換
する事に。

パワー管の方は、割と定期的に交換してるんだけど、このアンプに
関しては、プリ管の交換は初めて。

パワー管は、手前に配置されているので、比較的、交換の方も楽チ
ンなんだけど、プリ管は、パワー管の奥にあるので、パワー管を抜
いてからの作業。

しかも、リバーブ・ユニットが出っ張っているお陰で、更に、面倒

なので、普段、全く使う事の無いリバーブ・ユニットを取り払う事
に。

このユニットを取り払う事で、ガバッと穴が空くので、空調的にも
良くなる可能性大。

でも、電源トランスの奥に配置してある管もあったりなんかして、
ちょー大切なプリ管を1本破損してしまった!

(まじ泣きそー)

Marshallほどでは無くても、もうちょっと、プリ管にアクセスし易
いと嬉しいんだけどねー。

Marshallの場合、真空管の交換は、プリ、パワー共に交換し易くな
ってるんだけど、これは、筐体のデカさなんかも関係してるので、
まぁ、仕方ないのかもね。

で、1本、破損しちゃったって事もあって、1本だけ買いに行ったん
だけど、どうせならって事で、1本だけ、違うブランドのプリ管を
導入する事に。

他は、全て純正管なんだけど、今回、GROOVE TUBESのプリ管を
ゲットする事に。

いつも、お世話になっている、イケベ楽器ロックハウスに向かった
んだけど、このお店、スタッフは、みんな優秀だし、とても信頼し
てます。

で、GROOVE TUBESのちょこっとゲインの高いのをゲットしたの
で、その管をリード・チャンネル初段に入れたんだけど、めちゃ音
が変化してビックリ!

元々、Mesa Boogie Markシリーズって、他のハイゲイン・アンプに
比べて、そんなに歪むタイプでは無いんだけど、ちょっとゲインが
増して歪む様になったもんね。

でも、その代わり、ちょっと甘いサウンドになったって言うか、ち
ょっとパリッと感は減ったかも。

今回、プリ管を交換して色んな事が判ったんだけど、やっぱり、歪
ませると、音は、甘い方向に向かうし、歪みを少なくすると、パリ
ッとしてくる。

これは、絶対的では無いし、あくまでも傾向なんだけど、エフェク
ターや電圧なんかと同じだよね。

電圧も下がると歪んでくるし、音も甘い方向に向かう。

その逆も同じ。

今回、リード・チャンネルのプリ管を交換する事によって、プレゼ
ンスとトレブルの効き方が物凄く変わったし、使う真空管の特性さ
え理解していれば、色んな物を使うのもありだなと思った。

ただ、自分が求めているのは、こう言う細かい事では無いので、追
い求める様な事はしないけど、とても面白い世界ではあるよね。

今回、生まれて初めて、プリ管も割っちゃったりなんかしたんだけ
ど、そのお陰で、いつもと違うプリ管を試す事になって、色んな変
化を体感出来て、ある意味、物凄く貴重な機会に恵まれたと思って
るんだよね。

やっぱり、機材って、一つの要素だけじゃ無いし、楽器って、本当
に面白い。

良かったり、そうで無かったり、色んな事が起きて楽しい。

また、色んなもん試そっと。

わんっ

dsc07018.jpg

嬉しい的

dsc07535.jpg

パワー管を抜かなきゃ的

dsc07031.jpg

美しい的

dsc07239.jpg

割る的(←涙←泣←涙←泣←涙←泣) 

dsc07528.jpg

なので、リバーブ・ユニット取り払う的

img_8951.jpg

割った分的補充的

dsc07541.jpg

全プリ管、交換完了的!

twitter_logo_header.png</p

RK的リハーサル的?パート2!

土曜日, 4月 29th, 2017

この日も、”グリム”と簡易ボードのみ持ってく事に。

隆一のライブの時は、余程じゃ無い限り、隆一のアンプを借りる事
が多いので、自分のギターと簡易ボードがあれば、バッチリ。

彼のMesa Boogieも、自分と同じMarkシリーズだし、自分も、デビ
ュー当時は、メインにしてたアンプなので、何の問題も無し。

でも、簡易ボードに常設してあるプリアンプ、ADA APP-1のクリー
ン・チャンネルが故障のせいで音が出ないんだけど、この際、同じ
くADAのMP-1 Channelに替えよっかなーとも思ってるとこ。

ADA APP-1は、トランジスタなんだけど、MP-1 Channelは、真空
管なので、やっぱり、こっちの方が好みなんだよね。

なので、ADA APP-1を修理するか、そのまま、MP-1 Channelを導
入するか迷ってるとこ。

気持ち的には、完全に、MP-1 Channelなんだけどねー。

で、ここ半年くらい、フレットラップなる小物を使用してるんだけ
ど、これが、中々便利なんだよね。

実は、元々、弦の共振防止で、NAS◯が開発したウレタンの様なス
ポンジの様な宇宙素材?を使ってたんだけど、去年の秋に開催され
た大楽器祭りの時、島村楽器から、フレットラップをプレゼントし
て頂いて以来、ずっと使ってます。

この、プレゼントして頂いたフレットラップは、S7Gのロゴが入っ
てるんだけど、どうせなら、全部のギターに取り付けたいなーなん
て思ってます。

元々は、GRUVGEARってブランドの物で、物も同じなんだけど、
全部のギターに付けたいなーと思ってるとこ。

(熱烈な想い)

この日は、新しい素材のピックなんかも試したりしてたんだけど、
日本製のピックも、もうちょっと新しい素材や形状を取り入れてく
れると嬉しいんだけどねー。

で、この日のリハーサルも、無事に終了したんだけど、前日の毒演
会から一睡もせずに向かったので、さすがに、この日は、そのまま
帰りましたよっ。

でも、翌日もリハーサルだったので、帰ってからは、譜面の再チェ
ックだったんだけど、さて、本番は、如何に!

わんっ

dsc07478.jpg

朝一番的向かう的な

dsc07491.jpg

セッティング、完了的

dsc07493.jpg

壊れてるので、MP-1 Channelに換えたい的 

dsc07489.jpg

リハーサル、スタート!

dsc07504.jpg

大好き的

dsc07495.jpg

沢山欲しい的

dsc07497.jpg

この素材で、自分のモデルを作りたい的

dsc07508.jpg

リハーサル、終了的!

dsc07513.jpg

帰る的

twitter_logo_header.png</p

RK的リハーサル的?

金曜日, 4月 28th, 2017

翌日のリハーサルは、朝一番のスタジオ入りだったので、帰ってか
ら、すぐ譜面を書き書き。

この日は、3月13日だったんだけど、10日〜12日はライブだったっ
て事もあって、完全に譜面の準備が出来てなかったって事もあって
、朝までかかって、10数曲分の譜面を書いて、練習に次ぐ練習。

いつも、こんな慌ただしい感じなんだけど、翌日の朝に、ブレッド
祭をやっている時間は、とても無いと判断したので、夜明け前的ブ
レッド祭を開催!

運転してたので、ちゃんと写真は撮れなかったんだけど、ブレッド祭
で食べれなかった分は、車の中に持ち込んで向かうのです。

車内で、パンとイチゴとスイーツの完璧なセットは、をいただきました
ー。

移動しながらのパンも美味しいんだよねー。

何とか、譜面も間に合い、無事、スタジオに到着したんだけど、さ
て、この日のリハーサルは、如何に!

わんっ

dsc07439.jpg

朝一番的に向かう的

img_8920.jpg

眠いけどパンで癒されてる的

dsc07418.jpg

セッティング完了!的

dsc07415.jpg

サウンド・チェック的

dsc07416.jpg

リハーサル、スタート!

dsc07432.jpg

色で、ちょこっと違う的

img_8922.jpg

リハーサル、終了的ご褒美的

dsc07442.jpg

帰る的

twitter_logo_header.png</p

毒演会 Vol.41!的な?パート2!

木曜日, 4月 27th, 2017

この日の毒演会は、いつもと同じく、Mesa Boogie Mark V。

DEAD ENDが復活した後くらいから使い出したんだけど、やっぱり
大好き。

Marshallとは全く違ったトーンなんだけど、単音を弾いた時の雰囲
気が、めちゃいいんだよねー。

もちろん、組み合わせるペダル等の種類にもよるんだけど、リード
チャンネルに関しては、ホント、申し分無いね。

ただ、クリーン、クランチ・チャンネルが、リード・チャンネルに
比べて、なんちゃって的なとこがあるので、もう少し、クリーンが
芳醇だと嬉しいんだけどねっ。

キャビはと言うと、自宅の練習用で使用している、1×12 RECTキ
ャビ。

足下は、G-SYSTEMで、これも、かれこれ10年くらい使ってる。

その間、一度もトラブってないってとこが凄いんだよね。

ギターはと言うと、

・Fernandes ”ゴールデンボーイ”
・Fernandes ”グリム”
・Fernandes 初代YOUモデル

の3本。

この、初代YOUモデルなるギター、実は、デビュー前にFernandes
にオーダーした物。

神田商会にお世話になる前に作って頂いたギターなんだけど、今で
も、大切に持ってます。

このモデル、実は、ボディーとネック以外は、大改造してあるので
、当時のパーツとしては、ボディー、ネックしか残って無いんだけ
ど、今でも、普通に弾けるのが凄いよねー。

で、無事にリハーサルも終了したんだけど、さて、本番は、如何に

わんっ

dsc07361.jpg

大好き的

dsc07370.jpg

G-SYSTEM的

dsc07365.jpg

左から、”初代YOUモデル”、”ゴールデンボーイ”、”グリム”

dsc07368.jpg

拡大的

0302226.jpg

リハーサル、スタート!

twitter_logo_header.png</p

3 tea 3 的な?パート2!

火曜日, 4月 25th, 2017

この日も簡易ボードを持ってったんだけど、その中身はと言うと、
前日の新横浜と同じく、

・EVENTIDE H9 MAX

・t.c.electronic FLASHBACK MINI

・MAD PROFESSOR Electric Blue Chorus

・ADA APP-1

・electro-harmonix Soul Food

・t.c.electronic SPARK

・One Control Gecko MK2

・KLON KTR

・One Control Lingonberry OverDrive

・SHIGEMORI RUBY STONE PREMIUM

・T-REX QUINT

の計11種類とSHUREのワイヤレス・ユニット、GLXD16。

本当は、揺れ系も入れたいんだけど、スペース的に、これ以上デカ
くしちゃうと、簡易ボードでは無くなっちゃうので、ちょっと我慢
してるんだよね。

フェイザーか揺れ系を入れたいんだけど、トレモロ、ビブラート、
バイブ系は、あんまり持ってないので、良いのがあれば欲しいと思
ってます。

物凄い種類がリリースされてるみたいなんだけど、良いのあります

でも、この簡易ボード、専用ケースが無いので、配線トラブルだけ
が、ちょっとコワい。

なので、パッチケーブルとDCケーブルは、ちょっと見直さなきゃな
ーなんて思ってるとこ。

ギターの方は、”グリム”なんだけど、最近のお気に入り。

持って弾かなきゃ判んないと思うけど、弾いてて、本当に楽しいギ
ター。

全部、この仕様にしたいくらい。

で、リハーサルも、無事に終了したんだけど、さて本番は、如何に!

わんっ

dsc07337.jpg

Fender的な

dsc07339.jpg

簡易ボード的

dsc07334.jpg

”グリム”的

img_8895.jpg

散歩的

twitter_logo_header.png</p